2014年12月09日

ありがとうの言葉☆☆

先日、無事に読み聞かせトークライブを
終えることが出来ました☆

ご来場して頂けました皆さま、
応援して頂けました皆さま、
本当にありがとうございました。

前回はステージに上がった瞬間、緊張のあまり
セリフが飛んでしまい、いきなり放送事故を
起こしてしまいましたが、今回は終始、リラックスして
楽しむことが出来ました。

でもそんな中で見つけた大切なことがあります。

それは「ありがとう」と「有難い」の違い。
「嬉しい」という点ではどちらも似ていますが、

何がどう違うのか?

たくさんの方に自分のイベントに
お越し頂けることは本当に嬉しいことです。

でも、そんな皆さんを心から
楽しませるということは難しいことです。

ステージに上がった瞬間、
セリフが飛んでしまっては尚更です!笑

つまり、素直に嬉しいのが、ひらがなの「ありがとう」に対し、
嬉しいけど難しいのが漢字の「有難い」。

でもそんな難かしいを乗り越えることで
初めて手に入れられる感情、それが「感謝」なんだと
思いました。

感謝とは、その字のごとく
嬉しいと感じるけれど謝りたくなる気持ち。

どういうことかと言いますと、

来てもらえただけでも嬉しいのに
お土産まで頂けるなんて本当に申し訳ないです〜!!
失敗してしまったにも関わらず、次回も楽しみに
しています♪と言ってもらえることで

本当に、あっりがとうございます〜と
思わず頭が下がってしまう気持ち、
それが感謝なんだと思いました。

そして、感謝の念が湧くと、
不思議と不平・不満が・文句が出て来ません。

不思議と全てを肯定的に捉えることが出来ます。

何故なら

楽しい時には怒れない様に、
そして
悲しい時には笑えない様に、

感謝している時には文句は出ません!

この何に対しても文句を言わず
嬉しいと思える気持ちこそ「幸せ」の
正体なんだと思いました。

反対に、何に対しても否定的に捉え
文句ばかり言ってしまうことが
「不幸」なんだと思いました。

字のごとく、
幸せを否定すること、それが不幸。

感謝の気持ちを持つことが幸せを作ってくれます。
その感謝の気持ちを作ってくれるのは「有難い」。
その有難いを作ってくれるのは「ありがとう」。

大切なのは、「ありがとう」から
いかに「幸せ」を築けるかってこと。

キーポイントは、「有難い」!
嬉しいけど難しいことにトライする勇気ですね!

posted by Morii at 13:22 | 日記
Powered by さくらのブログ