2009年07月14日

星に願いを

7月7日は七夕の日。

流れ星に願いをすれば夢がかなう日。

今年はどんな願い事を書くのかな?
と楽しみにしていたら

剣道の全国大会で優勝したい!!
という長男の願いに対し

特に夢がなく
何も書いていない次男くん。

何か夢はないの?
と聞いて見ると

ボク、大人になったらお金持ちになりたい。
とのこと。

何故ならお金持ちだったら
ポケモンカードを
たくさん買えるからだそうです。(笑)

う〜ん だったらお金持ちじゃなく
ポケモンカードがいっぱい欲しいっ!!
でいいんじゃないかな?

そう言えば以前
夢は1000万円を手にすること!
という子がいたことを思い出します。

その1000万円でどうするの?
という私の問いに、少し驚いた顔をして

・・・・
特に何かをしたい訳じゃないけど
取り合えず1000万かな。

と自信のない答え。

確かにお金は大切なものであることは間違いなく
生活する上においてはなくてはならないものです。

でもお金を持つことが夢になってしまうのは
ちょっと違う気がしてなりません。

なりたいものや、手に入れたいモノが夢であり
あくまでもお金はそのために必要なモノのハズ。

何事においても
目的と手段が入れ替わってしまうことは
少なくありません。

楽しむために始めたママさんバレーが
いつしか勝つためのママさんバレーに
変わってしまう様に


なりたい夢がお金を手にすることに
摩り替わってしまうことも少なくないかも知れません。

これはお金に対する認識の違いなんだと感じます。

そもそも
お金とはいったい何なのか?

モノを買うために必要なもの。
食事をするために必要なもの。

確かに間違いではありませんが
一般的なこの考えでは、いつしかお金に
心を奪われかねません。

だからお金とは
「経験をするための道具」
というのが私の考えです。

食事をするために必要なもの。

ではなく

この店でこの食事を
「食べるという経験」
をするための道具。

というのがお金に対する私のスタンスです。

だから、お金を大工道具で言えば
「のこぎり」みたいなモノかも知れません。

どんなに立派なのこぎりだって
所詮、木を切るための道具ですから
主役はあくまでも「日曜大工」をすることです。

お金のみに執着してしまうのは、作ることを忘れて
道具に執着しているみたいで変な感じです。

日曜大工とは道具に執着するものではなく

汗を流して木を切ることや
完成した製品を見て喜ぶことに
その意味があるもの。

人生だってそうなんだと思います。

お金を手にすることよりも
手にしたお金でどんな経験をするのかが
人生の醍醐味ではないでしょうか。


人生とは結果ではなくプロセスです。

ただ長生きすることに意味はなく
どんな経験をして生きたのかに
大きな意味があるのではないかと思います。

決してお金に心を奪われるのではなく

まぶしい程のトキメキや
胸が高鳴る程のワクワクに心を奪われる
そんな人生を過ごしたいものであります。


一瞬で過ぎ去る流れ星に向かい
今年はそんな願いをしてみた今日この頃です。
















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月09日

時間を大切に

日々、あいさつ運動を続ける中で
とても悲しいことは、やはり挨拶をしても
無視をされることだと思います。

決して無視をしている訳ではなく、無反応なだけ
なのかも知れませんが、特に高校生は男子・女子共に
それがよく目立つ気がしてなりません。

“お早うございます♪”

せっかく元気良く挨拶をしても
無表情で軽くスルーされてしまうと

もしかして
お、俺ってKY!?


と、内心ちょっと凹まなくもありませんが

この世に100%全て悪いことだけなんて存在せず

悲しいことがあれば
嬉しいこともあるものです。


嫌なこと、残念なことがある反面
逆に嬉しい出来事と言えば
遅刻者がゼロになったということ。

晴れの日はもちろんのこと
雨の日も、風の日も
エブリデェィ・エブリモーニング
毎朝立ち続けること1年半。

以前は毎朝必ず数名の生徒が遅刻をして
いましたが、今はほぼゼロとなりました!
(パチパチ〜)

今までは、ほぼ毎日遅刻をしていたにも関わらず
最近では、むしろ他の生徒よりも早く登校する
くらいの勢いです。

遅刻する生徒に共通していたと感じることは
「遅刻しているという感覚」がなかったということ。

何時に家を出て、今現在は何時何分で
何時までに登校しなくてはいけないのか?

という“時間の感覚”が少なかった様に思い出されます。

すでに遅刻している時刻にも関わらず
ゆっくりと歩いている生徒に向かい

「遅刻をしてはいけない」ということと
時間を意識することを指導して行くことで
本当に遅刻しなくなってくれました。


時間の指導。


人生とは
ズバリ何歳生きたか?
を意味します。

何歳生きたか?とは

何時間生きたか?

と言い換えることが出来ます。

つまり
時間とは「自分の命」そのものであると
考えられるのではないでしょうか。

だから
時間を守ることは命を守る。

時間を大切にするということは
命を大切にすることにも繋がるんだと思います。


時間にすれば、たかが5分の遅刻なのかも知れません。

でも時間を命だと考えれば
たかが5分の命だなんて絶対に思えないハズ。

陸地では当たり前にしている呼吸でも
水の中では、わずか3分も持ちません。

そう考えれば1分というわずかな時間が
いかに貴重な時間であるかが分かります。

時間をいい加減に考えるのは
自分の命をいい加減に考えることと
同じことなんじゃないかな?

そんな話をしてあげることで
今では本当に遅刻する生徒が
いなくなりました。(^^)V

遅刻という、そのもの自体は
大したことではないのかも知れませんが

「時間という名の自分の命」
を大切にしないことは大問題ですよね!

わずか5分の積み重ねが
いつか自身の人生となって行く訳です。

子供たちには、これからもずっと
そんな意識を持って成長して行って
欲しいものであります。

遅刻をしない。

ルールを守ることは大事です。

でも、与えられたルールをただ守るだけじゃなく

時間を守ることは、命を守る。

時間を大切に活用することは
自分の命を大切にすることなんだ。

そんな意識を持ちながら、日々を過ごすことが
大事なんじゃないかなって思います。

もちろん、これは単に子供たちが
遅刻をしちゃいけないっていうだけの話じゃなく

自分自身にとっても、与えられた限りある時間を

いったい何に使うのか?
どの様に活用するのか?


いかに有意義に使うことが出来るかが
大事なことなんだって思います。

時間は命。

ほんの少し目線を変えるだけで
ほんの少し意識を変えてみるだけで

世の中はグッと面白く感じられるものです。














ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 08:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月04日

鳥と魚

先日、キャンセルの電話がありました。

何年間もずっと体型に自信が持てず
オシャレを楽しむことも出来ませんでした。

だから本当に体型が良くなれば
履いてみたいスカートがあるんです!!


とても楽しみにして頂いていた方だけに

どうしたのかな? 何かあったのかな?

と思っていたら
実は旦那さんに反対されたそうです。

う〜ん 実に残念!

決してキャンセル自体が残念という訳ではなくて

自分の意思じゃなく
他人の意思でキャンセルしてしまうことが
残念に思えてなりません。


しかも結婚しているパートナーの意思に
よるものなら、なおさら残念と言うもの。

そもそも結婚とは
「魚」と「鳥」が一緒になった様なものであり

「水の中と、空の上」 という様に

もともと住む世界が全く違う2種類のタイプが
結婚という形を機に、一緒に生活をする訳ですから
何もかも思い通りに行く訳なんてありません。

だから
はじめから上手く行く訳がない!

という前提の元に結婚生活を送ることが
上手く行く一番の秘訣ではないかと私は感じています。

結婚生活で何よりも大切なのは
たとえば魚類と鳥類という様に

自分とは全く異なる種類の生物が一緒に暮らす。
という意識を持つことだと思います。

鳥は自由に飛び回るから鳥であり
魚は自由に泳ぎ回るからこそ魚です。

自分とは別の生き物であると思えば
行動や思考など何もかも自分と違っていても
当たり前であり、仕方のないことだと思えるものです。

今度、友達と一緒に水深80メートルまで
潜ろうと思っているんだけど・・・

は、80メートル!?
ダメダメ そんなに深くまで潜っちゃ。


どうして?

お前は知らないかも知れないけどな
深いところにはな、「深海魚」っていう
恐い恐〜い魚たちがいるんだぞ。

あなた見たの?

バ、バカ言えっ(焦)
鳥の俺が海の中に興味がある訳ないだろ!


じゃ あなたも一緒に潜ってくれる?

ダメだよ。
その日は上空100メートルに用事があるんだ。

夫婦喧嘩なんて他人からみ見れば
恐らくこんな感じなんじゃないかな?(笑)

これはお互いに違う種類の生き物だって
理解し合えていないから起こるのであって
互いの種類を理解さえしていれば簡単に済む話。

本当ならしなくてもいい様な無駄な喧嘩にストレスを感じ
体力と能力と貴重な時間を“そこ”に費やす様な
生き方だけはぜひ避けたいもの。

自分は鳥であり、相手は魚である。

全く違う別の生き物であると自覚さえしていれば
生涯に起こるべく80%以上の“無駄な争い”は
回避出来るかも知れません。

結婚だけでなく、あらゆるパートナーが
一番大事にしなければいけないのは
自分とは違う種類の生き物を絶対に否定しない
ことだと思います。

だから鳥が魚に飛ぶことを求めたり
魚が泳ぐことを否定したりするのは
超ナンセンスというモノであり

魚が飛べないからといってバカにされることも
卑屈になる必要も絶対にないと思います。

鳥と魚。

姿形はもちろんのこと、好む食材も違えば
肺呼吸にエラ呼吸と体の造りまで全く違う訳です。

だからダイエットに励む女性を否定するのは
飛べない魚をバカにする様なものであり
これはいただけません。

泳ぐことをやめた魚や
飛ばない鳥に魅力を感じない様に


働くことや強くなることをやめてしまう男性や
キレイになることを諦めてしまう女性にも
これと同じことが言えるのではないでしょうか。

結婚することが真の目的じゃなく
本当は自由に楽しく過ごすことが目的だったハズ!


行きたいところがあるなら行くべきだし
やりたいことがあるなら絶対にやるべき。

そして行けたことや、やれたことに感謝する。

それが楽しく日々を過ごす何よりの秘訣だと
私は思っています。

飛ぶ、泳ぐ。

自分とは全く異なる能力を互いに否定し合うのではなく

空からは何が見えるの?
海にはどんな世界があるんだい?


と、互いが全く別の生き物であるということを理解し
決して互いの長所を潰すことなく尊重し合い
一緒に暮らして行くことが

21世紀というこれからの夫婦のあるべき姿なのでは
ないかと思う、今日この頃です。












ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月29日

誰かのために

たまたま入った本屋さんで
ある有名ファッション雑誌の一文が目に止まりました。

能力主義や能力社会と言われる今だからこそ
これからは手に職を付けることで
自分らしく働きながら生きる時代です。

自分らしく生きる。

実に良い響きです。

これは紛れもなく大手人気女性誌が
多くの世の女性に向けてのメッセージですから

これからはあらゆるジャンルにおいて
男性顔負けのプロフェッショナルな女性がドンドンと
出現してくるのではないかと日々感じています。

もちろんカイロプラクティックの世界においても
これからは、ますます女性の進出が増えることで

近い将来、カイロという職業が今の美容院や
エステサロンの様に身近でポピュラーな職業として
感じてもらえる様になる日も、そう遠くないかも
知れないなぁ、なんて思っている今日この頃です。

確かに今は世の不況に伴い、資格やスキルといった
「能力」が重要視されて来ている感が強いだけに
能力を発揮させることを意識することは悪くないと思います。

ただ、たくさんの資格を取得しているにも関わらず
その能力が十分に発揮されていないという方は
意外と少なくないかも知れません。

きっと自分には
能力なんて全然ないですよ〜


なんてことを口にする人は少なくありませんが
果たして本当にそうなのでしょうか。

この世に全く能力のない人なんて存在せず
誰しも何らかの能力があるハズです。

だから能力自体に問題があるのではなく
能力を発揮させることに問題があるのでは
ないかと感じます。

骨盤矯正でも1番大切なのは
テクニックの種類でも、パワーでも、スピードでも
もちろん爆笑トークでもなく、何よりも
「矯正方向」だと私は思っています。

どんに完璧な矯正であっても
反対方向に矯正していたら意味がありません。

大切なのは
能力というエネルギーを発揮させる
方向の問題なんだと思います。


能力を発揮させる方向性??

つまり、誰に対して能力を使うかってこと!

行動を起こす際
誰しも、自分自身のために
頑張ろうとするものです。

だから能力とは、自分自身のために
発揮させ様と考えるのが一般的な考えでは
ないでしょうか。

でも人が本当に能力を発揮する時って

自分以外の誰かのために頑張る時に
最大限の能力が発揮されるんじゃないかと
思います。

たとえばオリンピックの表彰式などで

ずっと応援してくれる家族や
国民の皆さんのために頑張りました!!


といったコメントをよく耳にする様に

監督であったり、応援してくれるファンのためで
あったりするからこそ、最大限の能力が発揮出来て
いるのであって

これが全て自分自身のためだけだったら
厳しい練習に耐え、もの凄いプレッシャーに
打ち勝つなんて絶対にあり得ないんじゃないかと思います。

確かに自分のために頑張るってことは
悪いことじゃないと思うけど

「自分のためだけに頑張る」という発想では
どんなに頑張ったところで能力を最大限に
発揮させることは出来ないんじゃないかと思います。

やっぱ自分以外の誰かのために頑張った時に
最大限の能力が発揮される気がしてなりません。


実際、地位や名誉、年俸といった
自分のためだけに必死になっている
プロスポーツ選手は

なんだかね・・・って気がするし

それよりも自分以外の誰かのために
一生懸命になっている選手の方が

CMやテレビ出演などいろんな意味で
能力が十二分に発揮されている様な
気がするのはきっと私だけではないハズ。

だから
「自分以外の誰かのために頑張ろう」
とする意識を持てば、能力は今以上に
発揮されるのではないかと思います。

これはスポーツの世界だけでなく
ビジネスや恋愛でも全く同じ。

自分が幸せになろうと考えるのではなく
相手を幸せにしてあげようとする時に

自身の(恋愛・ビジネス)能力が
発揮されるのではないでしょうか!

スポーツ、勉強、ビジネス、恋愛などなど
あらゆる物事において上手く行っているのは
その能力が最大限に発揮されている証拠。

もしも、上手く行っていないかな?
と感じられれば

ひょっとしたら能力というエネルギーが
自分の方向に向かっているのかも知れません。

そんな時は、エネルギーが流れる方向を
ほんの少し修正してあげれば問題ありません。
(^^)V

スポーツなら監督や応援してくれるファン。
ビジネスなら上司やお客さん。
親なら子、子なら親。

そして恋愛ならパートナー。

相手の幸せこそが
自分自身の幸せ。


そんな風に
自分以外の誰かのために一生懸命になることに
幸せを感じられれば、能力はもっと発揮され
人生はもっともっと楽しくなるんじゃないかと思います。


もちろん、キレイになることだって同じ。

自分のためにキレイになろう。
と頑張るよりも

“誰かのためにキレイになろう”

と意識する方が、“美の能力”が発揮され
圧倒的なスピードでキレイになるものです!






ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月26日

思いは伝わらない。

先日、素晴らしい出来事&発見がありました。

それはある方が2度目のご来院をされた際
私への印象をストレートに口にしてくれたことです。

その言葉を聞いて、意外と言うかちょっとビックリ。

と言うのも、自分で思っていたこととは
全く間逆の意見だったからです。

初めてご来院された時は、緊張をしていたのか
とても大人しく感じられ、あまり会話もしていなかったので
印象を抱いている、ということさえ想像も出来ませんでした。

だけど2度目のご来院時には笑顔で
ストレートに口にしてくれたことで

そうなんだ!
そんな印象を持ってくれていたんだ!


と、はじめて気持ちが伝わりました。

つまり
思っているだけでは
絶対に思いは伝わらないんだってことに
気がついた瞬間です。

どんなに強く思っていても
顔にも出さず、言葉にもしなければ
一生伝わることはないかも知れない反面

表情に出し、思いを言葉にすれば
わずか数秒で思いを伝えることが
出来るんだって思います。

いきなりこんなことを言う人って
変ですか?


なんて言われましたが
たった一言で元気になる言葉ってあるもの。

「変」どころか、むしろめっちゃ嬉しいくらいです。

思うことは大事。
だけど思いを伝えることはもっと大事。

どんなに素晴らしい思いも
伝わらなければ残念というもの。

言葉にすることで相手に思いを伝えることに
人の生きる意味があるのではないかと思います。

アイデアだってそうなんだと思います。

どんなに素晴らしいアイデアだって
考えているだけじゃ絶対にノーベル賞は取れません!!

その素晴らしいアイデアが世に出た途端

これはボクのアイデアだ!!

なんて言っても通用しないもの。(笑)

生きる上で大切なのは
思いや考えを相手に伝えること。

だから成功とは
試さないグッドアイデアではなく
試してみたバットアイデアを意味するのでは
ないでしょうか!

そのために大切なのは、まずは
ずっと心の中にある気持ちを口にしてみることが
成功への第一歩なんじゃないかと思います。

年齢や性別を問わず、誰しも
ずっと心の引き出しにしまい込んだままにしている
気持ちって、意外と少なくないかも知れません。

たとえば
親への感謝の気持ちや
友達へのあやまりたい気持ちや
もちろん「好き」っていう気持ちなどなど。

自分自身もそうですが
意外とあるんですよね〜 これが。

周りにどう思われるかな?
相手がどう思うかな?
得するのかな?それとも損するかな?

そんなことに振り回されて
大切な思いをずっと言葉にしないまま
過ごしてしまうのは残念というもの。

だから先日、勇気を出して言っちゃいました。

母親に向かい

「産んでくれて本当にありがとう。」

ちょっと恥ずかしかったけどね。


シンプル イズ ベスト。


素直に自分の思いを言葉にして
人に伝えることって素晴らしいなって思います♪

もちろん、相手が傷つく様なネガティブは言葉は
絶対に口にすべきではありませんが

相手が喜びそうな嬉しい気持ちはドンドンと
言葉にして行きたいものでありますね。



     追伸


先日の朝、いつもの様に
あいさつ運動をしていると

一人の女子生徒が

いつもありがとうございます。

と頭を下げてくれました。

普段は、私の顔を見ることもなく、いつも大人しそうに
歩いているだけに、まさか、そんな風に思っていて
くれているなんて想像も出来ませんでした。

でも言葉にしてくれたお陰で

そうなんだ。
そんな風に思っていてくれていたんだ

ってことにはじめて気付くことが出来

彼女のその一言に

決して思いは伝わるものじゃなく
「言葉にして伝えるもの」なんだって
強く感じた今日この頃です。














ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月22日

サイン

先日、県外で活躍されているカイロ仲間の先生から
連絡があり

そう言えば先生の本って
もう販売はしていないんでしたっけ?

実はウチの患者さんが先生のブログを読んでいるそうで
書籍版が欲しいそうなんですよ。

なんて言う、嬉しいお問い合わせを頂きました!

確かに最近の売れ行きは
ちょっと下降線な感じではありますが

今でもしっかりと販売させて
頂いておりますのでご安心下さい。

そんな中、先日
はじめてご来院された方にお求め頂き

良かったらここにサインして下さい♪

と、久しぶりにサインを求めらてしまいました。

・・・さ、サインですか。(汗)

サインなんてものをするのは
カードでの買い物の時くらいで

普段から慣れていない分、嬉しいというよりも
正直、恥ずかしい気持ちの方が強いかも知れません。

発売してから数年の歳月が流れたこともあり
販売していることにすら気付くことなく
素通りしてしまう人の方が圧倒的に多い中

ご購入して頂けるだけでも嬉しいことなのに
サインが欲しいだなんて、本音はそんな貴重な方なら
こちらがサインして欲しいくらいです。(笑)

製作直後、以前、書店さんにお願いして何冊かを
店内に置かせて頂いたことがありましたが
残念ながら1冊も購入してもらうことは出来ませんでした。

店内で立ち読みをするフリをしながら
遠目から見守っていたことが今も忘れられません。

近くで足を止めるお客さんがいると

頼むから買って〜
せめて
立ち読みでもいいから手に取って〜

なんて心で念じたものの
完売どころか、あえ無く完敗。

そんな経験をしている私だけに
こんな私のサインでいいのかな?
というのが本音です。

それでも、そんな私の書いたサインに
素直に喜んでもらっている姿をリアルに見ることで

最近では
いいって言うんだからいいのかな?

と思える様になって来ました。

サインなんて求められると
正直、恥ずかしいものです。

でも恥ずかしいのはきっと慣れていないだけ。

普段から体型を気にして
ダイエットでご来院される

ちょっと恥ずかしいです〜

と言う女性の方々に

大丈夫ですって!
皆さん、恥ずかしいのは初めの5分だけで
2回目からは超常連ですよ。

なんて言っているだけに
やっぱそうなんだと思います。

ダイエットにおいてもそうですが
決して男性の施術者であることや
コース自体が恥ずかしいことじゃなくて

「恥ずかしい」と思い込んでること自体が
恥ずかしいのだと思います。

どんなに恥ずかしいと思えることであっても
慣れてさえしまえば全然平気であり

むしろ「恥ずかしい」と思えること程
慣れてしまえば嬉しかったりするものです。

あり得ない程に恥ずかしいと思えることを
あり得ない程の嬉しいに変えてしまうことが
魅力的で楽しい人生なんだって思います。

恥ずかしいのは初めの5分だけで
2回目からは楽勝ですよ!

自分自身で言っている程
そんな簡単に慣れるとは思えませんが(苦笑)

いつかきっとサインをすることにも慣れる日が
来るかも知れないかな、なんて思える今日この頃です。



















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 12:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月20日

ベストパートナー2

先日、この秋に結婚することが決まり
ぜひウエディング・カイロをお願いします!
という方にお越し頂きました。

結婚という女性にとっては記念すべき大切な時に
カイロプラクティックを選んで頂けるということは
本当に嬉しいものであります。

ブログもいろいろ拝見させてもらいましたが
中でもベストパートナーというブログが一番良かったです♪

とのことで、数年前のブログも
お読み頂いていることに感激です。

3人の子供がいることと
結婚10周年を迎えたことをお話すると

じゅ、10年ですか!?

結婚生活を続ける秘訣があれば
ぜひを教えて下さいっ!!


なんて頼まれてしまいました。

と言うのも

周りでも、すでに離婚している友達は意外と多く
実は自分も離婚をしてしまわないかと
結婚前からちょっと心配だったんですよね。

だから簡単に離婚しないためには
何に気をつけたらいいのかなって。

最近は、芸能界の離婚ラッシュも影響してか
全国的に見ても離婚を経験される方が
年々増え続けている傾向にあるそうです。

私自身の経験から言えば
結婚生活を長く続けるためには

「離婚をしないためには」と考えるのではなく

なぜ離婚が増えているのか?

と、考えてみると面白いのではないかと思います。

そもそもなぜ離婚をするのかと考えれば
それはキライになったからです。

では、なぜ結婚したかと考えれば
好きになったからです。

好きという感情だけで結婚したのであれば
キライという感情で離婚してしまうのは自然な流れ。

だから年々、離婚率が高くなって来ているのは
昔に比べて恋愛結婚が増えたことにより

好きという感情だけで結婚をする傾向が強くなって
来ていることが考えられるのではないでしょうか。


恋愛には「好き」という気持ちは不可欠であり
「好き」という感情は、何よりも大切な気持ちで
あることは間違いありません。

ただそれと同時に「好き」という気持ちが
「キライ」になってしまうことで
別れてしまう原因になることもまた事実。

食べ物でも好きかキライかだけで選ぶのではなく
体に良いとか、美容に良いとか、背が伸びるといった
要素でも選ぶ様に

「好き」という感情だけを重視するのではなく
それ以外の付加価値を意識してみることも悪くないと思います。

何故なら愛は恋愛におけるかけがえのないパワーでありますが
残念ながら愛のエネルギーは無限ではありません。

車でもガソリンというエネルギーがなくなれば
動かなくなってしまう様に

恋愛も愛というエネルギーがなくなってしまえば
気持ちが冷めてしまうもの。

ちょうど車がガス欠で停まってしまった状態が
恋愛でいうところの、別れてしまう状態ではないでしょうか。

別れず、長く恋愛を保つためには
ガス欠した時に、再びエネルギーを供給するための
予備のタンクを用意することが必要です。

この予備タンに入れておくエネルギー源こそ
あえて「愛」ではなく

「なくては困る」、と「感謝の気持ち」。

の2つだと私は思っています。

好きとかキライという前に
居てもらわないと困るという関係であれば
そんなに簡単に別れることは出来ません。

たとえば「ビール瓶と栓抜き」という様に
お互いにとってどうしても必要な存在であれば
結婚生活もまた違って来るのではないでしょうか。

なくて困るものは、あれば助かるもの。

あって良かった〜

と感謝の気持ちを持つことは
結婚生活では欠かせません。

だから結婚生活で大切なのは、決して
「好き」という感情をずっと維持させるのではなく

好き→いなくては困る→感謝する

そして再び、好き、いなくては困る、・・・

という気持ちのサイクルを繰り返えすことで
結婚という長い長いフルマラソンを走り切ることが
出来るのではないかと思っています。

ただ目まぐるしく変化する今の時代においては
結婚や仕事を取り巻く環境は大きな様変わりを見せています。

だから今後、これからますます離婚が増え続けて行けば
結婚だけが「絶対の幸せ」という考えではなくなり

いつか「離婚」は「結婚」と並ぶスタンダードと
なる日が来るかも知れません。

そうなれば、離婚を機に
新たな人生のリスタートをはじめることに
意味が生まれて来る様な

そんな今までにない新しいライフスタイルが
創り出されるかも知れないなんて思う今日この頃。

結婚10年というこれまでのキャリアを活かして
これから結婚を目指す若い世代にも何かのヒントを
与えることが出来ればいいな

なんて思っている今日この頃です。







ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月13日

コミュニケーションのススメ

小学2年生になる息子には学校から出される
宿題の1つに日記があります。

上手く書けないから日記は苦手なんだよね。

そんな息子の幼稚でつたない日記ではありますが
毎回大きな花◎と丁寧に感想を書き込んでくれる
担任の先生には感謝・感謝です。

ねぇ 父さん。
どうすればもっと上手く日記が書けるの?


という、そんな息子にちょっとアドバイス。

ただ思いのままに文章を書くのではなく
いつ、誰と、どこで、何をしたのか?
ということを明確にするといいかも。

それだけで、文章にしまりが出てくるよ。

その次に、それをしたことで
楽しかったのか?
つまらなかったのか?

どう思ったのか?という
「自分の気持ち」を入れてみることで
オリジナリティーが出て面白くなると思うよ。

川で魚釣りをして楽しかったっていう気持ちを
先生に伝える気持ちで書いてみれば
もっと楽しい日記になるんじゃないかな。

最後は
次は何をしたいのか?
という未来形で終わるといいかもね。

今日の日記が
明日や明後日に繋がる様な終わり方の方が
きっと先生も楽しい気持ちになると思うよ。

でも本当に大切なのは
文章を書くことじゃなく、文章を通して
自分の気持ちを伝えることだよ。


そんな私のアドバイスに
何か手応えをつかめた様で

苦手だった日記も
最近では何と6ページもの長文に!!

まさに“好きこそ物の上手なれ”です。

そんな中、先日
ブログを読んで来ました。
という方がみえました。

数ある中から当院を選んでご来院して頂けることは
実に嬉しいものであるにも関わらず

さらにブログを読んだことでご来院して
頂けるのは格段、嬉しいものであります。

過去ログを見たら、これだけの文を
何年間も続けているのにビックリしました〜
と驚かれておりましたが

振り返ると、確かに自分でも
よく続けているな〜
なんて思います。

もちろん、長年続ける中には
大変な面もありましたが

毎朝、先生のブログを見ることが
私の朝の日課なんですよ!


とか

最低でも1日5回はチェックしてますから〜
多い時は1日20回は見てますよ!!


という嬉しいコメントを頂けることが
これまで続けて来れた一番の
モチベーションだと思います。

中には
毎回、旦那さんと二人でイスに座って、こうして
背筋をシャンと伸ばした姿勢で見ています。(笑)

なんていうコメントもあり

嬉しいのは言葉ではなく
気持ちが伝わる瞬間だと感じます。


ただ、「見ています」だけでは

毎日なのか、たまになのか?
どこを見ているのか?
どの様に見ているのか?

といったことがイマイチ伝わらず残念です。

見ているんだから、良いに決まってる
と、思われるかも知れませんが

恋愛でも
長年付き合っているんだから
キライな訳ないでしょ!

なんて言われても

ちゃんと言葉にしてくれなければ
伝わらないことってたくさんあると思います。


親子、恋人、夫婦、友達、上司に部下などなど
あらゆる人間関係の問題点とは

圧倒的にコミュニケーションによるものが
多い気がします。

その根っこの部分には
「伝えたつもりで終わっている」
そんな気がしてなりません。

たとえば

お〜い お茶!!

と運ぶだけ運んでもらっておきながら

“ありがとう”という感謝の言葉を
言わない男性は実に多いものです。

「言ったつもり・・・」が
実は全く伝わっていない
ということは本当に少なくなく

そんな小さな積み重ねが人生を大きく変えて
しまうことは決して少なくありません!!(汗)

気持ちはあるのに、それが伝わっていないがために
誤解が生じたり、様々な問題に遭遇してしまう
ということは、本当に少なくない気がします。

だけど言い換えれば

気持ちを上手く伝えることさえ出来れば
あらゆる問題をクリア出来るという訳です!

「見ている」
ということを伝えるだけのこと。

一見すると、簡単そうに思えることではありますが
実は奥が深いのがコミュニケーションというもの。

上手くすれば人生を好転させるかも知れない
コミュニケーション。

息子には日々の日記を通して
そんなコミュニケーション能力を
磨いて行って欲しいものであります。







ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月05日

大人の女性

こらこらこら〜!!
いつまで起きているつもりだ〜

子供はもう寝る時間でしょー

え〜
だってまだ全然眠くないし
まだ遊びたいよ〜

ダメダメ!
子供が夜更かししては
い・け・ま・せ・ん!!

子供だけなんてズルイよ〜!!

どうして子供はダメで大人はいいの?

・・・って言うか

大人と子供ってどう違うの??

簡単そうにも思えるこの違い。

でも改めて考えてみると一言で説明するのは
ちょっと難しいかも知れません。

仕事柄
よく子供っぽいって体型って言われるんです〜
とか
もう少し、大人っぽい服装が似合う様になりたです。

と言ったご相談を受けることも多く
「大人の女性」を目指される方は少なくありません。

「大人の女性」と言うと、エレガントで清楚なイメージを
持たれる方も多いかも知れませんが
それらが絶対的な大人の定義ではない気が致します。

かと言って
ただ単に年齢を重ねるだけを大人の女性と言うのも
ちょっとね・・・という気がしてなりません。

そもそも
大人と子供の違いとはいったい何なのか?


まずこれを理解することが「大人の女性」に
近づく一番の方法ではないでしょうか。

まず一般的に考えれば年齢です。

ただ40歳でも50歳でも子供じみた人がいる反面
超しっかりとした小学生もいる訳ですから
必ずしも年齢がその全てではない気がします。

仕事をしている人が大人なのか?

昔から新聞配達をして家計を支える勤労少年が
いる訳ですから、仕事していることが絶対的な
大人の条件とは言えず、これもNOです。

ではお金を稼げる人が大人なのか?

インターネットが急激に普及した現代です。
ケータイとパソコンとネットを最大限に駆使し
並みのサラリーマン以上を軽く稼ぐ10代や

ドル箱子役スターや、アイドルの低年齢化も
珍しくない今、これもブブーです。

では、“しっかりとした考え”を持ち
“ちゃんとしている”人が大人なのか?

と考えたところ、世の中には

“しっかりとした考え”を持ち
“ちゃんとしている”小学生も少なくありません。

そもそも“ちゃんと”なんて表現は
めちゃ曖昧であり、何を持ってしっかりなのか?

これではあまりにもファジー過ぎて
到底大人の定義と言えるものではありません。

年齢でも仕事でもお金でもないのであれば
では大人と子供の違いの本質とはいったい何なのか??

そこで私が考え出した答えは

他人から見られていると意識している人が
大人なんじゃないかな?


って思います。

見られるとは
単に視線を感じるというのではなく
注目されているという意識です。

誰しも、他人の目を意識することで
初めてちゃんとしなきゃって思うもの。

「バレなければ・・・」

という気持ちを持ってしまうのは
「誰からも見られていない」という気持ちから
わき起こるモノなのがほとんどではないでしょうか。

だから良い意味で他人の目を意識している
人が大人なんじゃないかなって思います。

もちろん勘違いでも全然OK!

常に他の人から注目されている
常に周りの人から応援されている


と意識することがポジティブな行動に
繋がって行くものだと感じます。

事実、たとえまだ小学3年生であっても
1年生や2年生たちのお手本になろうと
一生懸命になっている子供たちを見ると

十分、大人だぜ!!

って思えてなりません。

少なくとも
朝の登校時刻にスクールゾーンであるにも関わらず
くわえタバコで歩きながら平気でポイ捨てしたり

高級外車を猛スピードでぶっ飛ばす様なドライバーを
エレガントともハイクラスとも思えないは
きっと私だけではないハズ!!

これは
「誰からも見られていない。」
と思うことで

「自分さえ良ければイイ」
という安易な行動に繋がってしまっているのでは
ないかと思えてなりません。

常に誰かから注目されていると意識することで
自ずと発言や行動は変わって来るものです。

つまり
他人に良い影響を与えられるってことが
大人の定義なんじゃないかな?


なんて思います。

1人でも10人でも100人であっても
人数なんて関係ないし

実際に注目されている、されていないも
全く関係ありません。

「誰かから注目されているという意識」
を持つことが、いつしか大人の発言や
大人の行動へと繋がって行くものだと思います。

昔からある「大人の女性」という言葉は
きっと“見られているという意識”を持った
女性を指していたのではないでしょうか。

そんなこと言ったって
誰も私なんて見ないですよ〜


なんて言う、ちょっと自信のないセリフを
よく耳に致しますが、そんなことはありません!

少なくとも女子高生たちにとっては
十分に経験豊富な「大人の女性」に
写っている可能性は大です!

ただバランスの取れた美しい体型でいることは
より「魅力的な大人の女性」に写ることだけは
間違いありません!

大人の女性でも十分カッコイイ響きではありますが
どうせなら、「魅力的で素敵な大人の女性」を
目指そうではあ〜りませんか!

ここ数年間はスカートなんて
1度も履いてないですよ〜


と言われる女性は意外と少なくありませんが
脚は隠すものではなく、見せるものです!!

見せることが、見られること。

それを意識することが“大人の女性”って訳ですね!

見せる、そのためには何よりも自信を持つことが大事。

だからキレイになることは、単にキレイになるという
だけじゃなく「大人の女性」になるための必須条件って
ことになりますね。

目指せ大人の女性で行きましょう!










ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月01日

慣れるが勝ち 3

先日、子供たちと一緒にスーパーに
買い物に行きました。

パンを買おうと思い
何気に取ろうとした瞬間

パパっていっつも
同じパンばかりだね。


と、息子から意外な言葉が。

言われてみれば、パンだけでなく、洋服を選ぶ時も
色やデザインなど、いつも同じ系統のものばかりを
選んでいる様に思い出されます。

一見すると
自分の好みを選択しているつもりでいても
実はつい慣れ親しんでいたものだけを
簡単にチョイスしていたのかも知れません。

自分では頭をフルに使い
考えに考え抜いた上で出した答えのつもりでいても

実は無意識の内に、いつもの慣れ親しんだモノを
安易に選び出してしまっていることは少なくないかも。

味にしても、洋服の色にしても
本当は自分の意思や考えよりも

その味や、その色に慣れ親しんでいるということが
大きなウエイトを占めているのではないでしょうか。

慣れているということ。

例えば
黒い色の服を着ることに慣れているということは

無意識の内に何百種類という色の中から
的確に黒い服を選び出せるというだけでなく

黒い服を着こなすことにストレスを
感じさせることもありません。


これが「慣れ」の偉大なパワーです。

下手をすると、簡単にスルーされて
しまいそうな「慣れ」という存在。

でも自分の行動や発言とは
「慣れ」によるものが大きいと考えるならば

「慣れのパワー」を
見方に付けない手はありません!


慣れとは小さな行動の積み重ね。

これは、朝の挨拶にも言えることだと思います。

本来、挨拶なんて年齢や体力を問わず
誰にでも簡単に行えるモノのハズ。

ただ、慣れていないと、たかが挨拶でも
意外と全く出来ないのが現実です。

事実、毎朝あいさつをしているにも関わらず
無表情で通り過ぎてしまう学生は少なくありません。

きっとそんな人は、知らない人と
毎朝、あいさつをすることに
慣れていないのだと思います。

でも「慣れ」さえすれば、どんな人だって
どんなことだって出来ないことはないと思います。


挨拶をしないのでも、出来ないのでもなく
ただ慣れていないだけではないでしょうか。

挨拶をする人と、しない人の違いなんて
要は「慣れ」だけの問題だと私は思います。

ただ、どれだけ簡単に思えることであっても
慣れていないと出来ないことも、また事実。

そう考えれば
たとえ簡単なことでも、難しいことであっても
「慣れ」抜きで考えることは出来ません。

「人生とは決断の連続」です。

進級するか、退学するか?
仕事を続けるか、旅に出るか?
結婚するか、別れるか?

前に進むとは、実は決断を迫られることで
右か左かのどちらかに進むことを指すのでは
ないでしょうか。

あんパンにするか?
クリームパンにするか?

といった小さなことから
人生を左右させる程の大切な決断にまで
「慣れ」が深く関係していることは間違いありません。

どれだけベストな選択が出来るかは
いかに良い精神状態でいるかに尽きます。

ただ残念ながら、重大な決断を下す時の精神状態なんて
だいたいテンパっている時がほとんどです。

だからこそ、いざ、辛い時、緊急な時に遭遇した時に
笑顔で前向きで過ごせるためにも「慣れ」が必要です。

当たり前かも知れませんが、笑顔でいること
元気でいること、常に前向きでいることにも
もちろん「慣れ」は必要です。

良くも悪くも「慣れのパワー」は絶大です。

たとえ、初めはぎこちない不気味な笑顔でも

もしかして日本一かも?

そんな根拠のないポジティブシンキング(笑)でも
続けて行くことで、いつか慣れて行くものです。 

慣れるが勝ち!

そんな日常の何気ない行動や
何気ない発言の積み重ねが

いつか大切な決断を下す瞬間に
繋がるものだと感じる今日この頃。


大切なのは、いち早く“自身が目指す方向”に
慣れることではないでしょうか。










ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月27日

慣れるが勝ち 2

あらゆる物事には「慣れ」という存在があり

どの様な出来事であっても
「慣れ」抜きでは語れない程
慣れは重要なアイテムだと日々感じています。


慣れる。


カイロプラクティックの実技を学ぶ上においても
言えることですが
まず形を覚えたら後は慣れるまで反復の繰り返しです。

決して形を覚えれば終了。
何回反復すれば終了。

ではなく

「慣れれば」終了。

これが技術習得の近道ではないかと常々思っています。

どれだけ頑張れば良いのか?
いつまで頑張れば良いのか?


とかくゴールが目に見えないものであればある程
「慣れる」という感覚を一つの目安に考えてみては
いかがでしょうか。


先日、昔からの知人にご来院して頂きました。

昔からの知り合いのあなたにお願いするのは
ちょっと恥ずかしいんだけど
ダイエットコースをお願いしたくて・・・

とのこと。

猫背など体のゆがみがずっと気になっていた彼女。

特に骨盤のゆがみが下半身太りに関係している
という情報を得てからは、一日も早く
骨盤の開きを治したかったそうで

実は、前々から受けてみたいと
思ってくれていたそうです。

ただカイロプラクティックはまだ未経験という
こともあり、恐く感じていたということ。

そして施術者が異性の男性だけに
「恥ずかしい」という気持ちから
これまでずっと予約出来ずにいたそうです。

カイロプラクティックは恐い。
男性の先生は恥ずかしい。


一見すると、もっともな意見に聞こえますが
でもそれは単に慣れていないことが原因かも知れません。

実際、カイロプラクティックが恐いだけのモノでもなく
男性の施術者が恥ずかしいだけの存在でもないハズです。

恥ずかしいという気持ちをそのままにしておけば
これからもずっと恥ずかしいままですが

「恥ずかしい」という気持ちも慣れてしまえば
「嬉しい」に変わるものです。

言うのは簡単ですけど
そんなすぐに慣れれませんよ〜


と思われる方も多いかも知れません。

確かに慣れるまでにはそれなりのストレスを
感じてしまうものではありますが

ただ慣れるという要素の中には
良い行いにも、悪い行いにも
ストレスを感じさせるものです。

たとえば今より悪い環境での生活に慣れるには
当然ストレスを感じます。

でも、今より10倍素晴らしい環境の
生活に慣れるにも、同じだけの
ストレスを感じるという事実を
忘れてはいけません。


もちろん、今のままの環境にも
全くストレスがない訳でもないでしょうしね。

いずれにしても
環境の変化によるストレスなんて一過性のものであって
慣れてしまえば全く普通になるものです。

だから、恐い、恥ずかしいという理由で
なかなかアクションを起こせない、という方は

本当はアクションを起こすことに
慣れていないだけかも知れません。

慣れるが勝ち!

「恐い」も慣れれば楽しいし
「恥ずかしい」も慣れてしまえば嬉しいもの。

実際、これまで当院に来られた多くの方から
もっと早く来れば良かったです〜
というお声をたくさん頂いているだけに

そんな彼女も

1回来ちゃえば平気やね!

だって。(笑)

確かに初めての経験は不安な
ものではありますが、でもそれは

初めての経験=不安

という感覚に慣れているだけに過ぎません。

初めての経験ほどワクワクするってことに
慣れてしまえば、人生はもっともっと
面白いものになる様な、そんな気がします。

慣れるが勝ち。

辛いもの、苦いもの、甘いもの。

恐いこと、恥ずかしいこと、楽しいことに
難しいこと、悲しいこと、気持ちイイこと!

どんなことにも慣れてしまうことで、人生は
今以上に楽しく生まれ変わる気がする今日この頃です。























ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月21日

慣れるが勝ち

先日、久しぶりにご来院して頂いた方が
みえました。

本当にお久しぶりです〜
2年ぶりでしたか・・・
いやいや明和町に移転してからすでに
2年の月日が経っていますから
最低でも3年は経っていますよね?

仕事が忙しくなったり、引っ越しがあったりと
何かとバタバタしてて、予約を取ろう取ろうと
思いながらもついつい今になってしまいました〜

とのこと。

2年ぶり、3年ぶり、4年ぶりと久しぶりに
ご来院して頂けることも少なくなく、そんな時は
懐かしく感じられ、本当に嬉しいものであります。

仕事であったり、家族の病気であったり
お金の問題であったり、結婚であったりと

皆さん、それぞれにそれぞれの理由があった様で
ブランクを空けるにはどれも十分な理由です。

でも本当に果たしてそれらの理由が数年間もの
ブランクを空けてしまった一番の理由なのでしょうか?

と言うのは

これまでずっとブランクを空けることなく
定期的に通っていらっしゃる方には
仕事やプライベートなどに何の問題もなかったのか?

と言えば、決してそんなことはないからです。

ですから、仕事や引越しなどは間を空けてしまう
大きなきっかけにはなったのかも知れませんが
それらはあくまで表面的なモノの気がします。

では
忙しくなって通えなくなった方と
忙しくても間を空けることなく通われている方の
違いとは、いったい何なのか??

それは「慣れ」が大きく関係している気が致します。

単に
毎週、行くことに慣れている。

に対し
全く行かないことに慣れてしまった。

だけの違いです。

人は本能的に、自分にとって
居心地の良い空間を無意識の内に
選ぶ様に出来ていると考えられています。

居心地の良い空間とは
言い換えれば「慣れた環境」を指します。

つまり、通うことに慣れている人は通うし

通わないことに慣れてしまった方は
通わない、という訳です。

ただ気を付けないといけないのは
居心地の良さの中には「慣れ」が
深く関係しているということ。

初めはタバコの臭いが、とても気になっていたのに
毎日毎日、その臭いを嗅いでいることで
いつしか全く気にならなくなってしまいました。

という様なことは、世の中の出来事に
おいても意外と少なくありません。

つまり、本当はタバコの臭いなんて
大キライだったハズなのに

タバコの臭いに慣れ親しんでしまったことで
いつしか居心地良く感じてしまっている
な〜んてことは意外と多いかも。

どんなことであっても
人は3ヶ月で、ある程度慣れると
考えられているそうです。

だから良い環境であっても
すごく悪い環境であっても

どちらも3ヶ月も経てば、その環境を
心地良く感じてしまうという訳です。

だから慣れ親しんでさえしまえば
ものすご〜く悪い環境であっても心地良く
感じてしまう可能性は、十分にあり得るってこと。

(汗)

多くの女性は
この歳になってスカートなんてはけませんよ〜!!

なんて言われる方が少なくありませんが
決してスタイルや年齢などの問題ではなく

単にスカートというファッションに
慣れていないというだけではないでしょうか!

キレイですよね〜
とても似合ってますよ〜!

という、せっかくの嬉しいセリフにも

そんなことないですよー!!(怒)

と、何故かオーバーリアクションで否定してしまうのも
そんな嬉しいセリフに言われ慣れていないだけかも知れません。

慣れるが勝ち!

夢を持つこと、自信を持つこと。

たとえどんな恥ずかしいことであっても
たとえどんなスゴイことであっても
違和感があるのは、ただ慣れていないだけ。

慣れてさえしまえばこっちのモノ!

どんなことであっても慣れるまでには
多少の時間は必要かも知れませんが

いつか必ず慣れます!!


良き人生とは
悪臭や心無い言葉に慣れるのではなく

いかに
キレイな空間と、優しい言葉に慣れ親しむかに
尽きるのではないでしょうか。

全ては慣れた者勝ちです!!








ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月18日

恋愛セミナー

先生! 
ついに僕にも彼女が出来ました!


開口一番、嬉しいご報告に

ホント!?
ついに彼女が出来たの!?


と私もちょっとビックリ。

と言うのも、実は前々から

出会いはあっても会話が弾まず
いつも上手く行かないんですよね〜

という彼の恋愛相談に何度と付き合っている内に

猫背や姿勢を良くするだけで終わるのではなく
何か他にも彼の力になれないかと考えた末
カイロプラクティックの延長に恋愛セミナーを開催!

ホントこの前、先生が話してくれた
「手のひらの話」のお陰っすよ〜
マジで感謝してます!

とのこと。

好意はあっても上手く気持ちを伝えることが
苦手という方は彼以外にも意外と多い様です。

昔から「手のひらを返す」という
裏切りを意味することわざがある様に

手のひらを見せることは安心感に繋がるもの。

手のひらを相手に見せるという行為は
相手に安心感を与えるだけでなく
好意があるという意思表示にも繋がるもの。

だから上手く気持ちを伝えるのが苦手なら
手のひらを見せる様に心掛けるといいかもね!

好き・嫌いだけが恋愛の本質ではないハズ。

もちろん相手を思う気持ちは
何よりも大事なことではありますが

一見すると、恋愛には全く無関係と思われる様なことでも
意外と重要なことは少なくありません。!!

ゴルフでも
ほんの少し握り方を指導してもらうだけで
大きく飛距離が変わる様に

恋愛においても
ほんの少し意識を変えてみることで
物事が上手く運ぶことは少なくないかも知れません。

私のちょっとした話が彼のハッピーエンドの
お役に立てた様で何よりです。(^^)V

出会うたびに、いつも撃沈されて来た彼です。

今回の出来事は相当嬉しいだろうな、と思っていたら
念願だった"彼女が出来たという事実”よりも
そのプロセスに意味があったとのこと。

よくよく話を聞くと、私の書籍M−logを
とても気に入ってくれた様で
これまで何度も読み込んでくれていたそうです。

その中の一部の話を自分なりにアレンジして
彼女にアプローチしたところ

すご〜い!!
何でそんなこと分かるの!?
すご〜い! 何か大人って感じ〜☆


今まで出合った人の中でそんなこと
話してくれる人ははじめて!

と、19歳の女性には意外と斬新かつ新鮮だった様で
かなり尊敬の眼差しで見られたそうです。

彼女の熱い視線を感じることで
今までにない手応えを掴むと同時に

これまで上手く行かなかった原因が
何となく分かった気がしたそうです。


なぜ上手く行くのか?
なぜ上手く行かないのか?

上手く行くには必ずその原因があり
上手く行かないのも必ずその原因があります。

物事の結果には全て何らかの原因が存在するという
これが、かの有名な「原因と結果の法則」です。

つまり彼が
これまでなかなか彼女が出来なかったのも
それなりの原因(理由)があった訳で

今回、念願の彼女が出来たことにも
それなりの原因(理由)があったという訳です。

○か×か。

確かに誰にとっても結果は
何より重要な要素ではありますが

なぜ○なのか?
なぜ×なのか?

と言った、その原因を理解しているのか
全く理解していないのかでは
その後の未来は大きく変わって来る気がします。

「成功すること」と、「成功し続けること」

その大きな違いは、その原因を深く理解しているか
どうかにかかって来るのではないかと私は思います。

いつの時代も世の中は
○か、×かという「結果」だけに
意識が行ってしまいがちではありますが

なぜ上手く行ったのか?
なぜ上手く行かなかったのか?

という真の原因を理解することこそ
本当の意味での成功なんじゃないかな。

確かに結果は大切。
だけど、その原因を理解することはもっと大切!

だから「彼女が出来た」という
飛び上がる程に嬉しい出来事よりも

今まで彼女が出来なかった理由が
分かった気がしたところに

彼の大きな成長を感じられた今日この頃です。


  




















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月14日

幸せポイント

ごちそう様でした〜♪

あ〜お腹いっぱい。
う〜ん 幸せ幸せ〜

先日、ラーメン大好きっ子の息子たちと
ラーメン定食を食べに行った時のある出来事。

あのね、パパに聞きたいことがあるの。
しあわせって何?


し、しあわせ!?

息子のあまりにも無邪気な質問に戸惑いながら

しあわせって言えば、幸福じゃないかな?

こうふくって?

普段、何気に耳にしている言葉でも
いざ子供たちに説明するとなると案外戸惑って
しまう言葉って、意外と少なくないかも知れません。

幸せか〜 う〜ん そうだね〜
たとえば公園で遊んだ時は楽しいでしょ。
うん。

美味しいご馳走を食べれた時も嬉しいでしょ。
うん。

欲しかったおもちゃを買ってもらった時も嬉しいでしょ。
うん、うん。

「嬉しい」や「楽しい」って
気持ちの1つ1つが1ポイントで

全部で10ポイント溜まったら
それを「幸せ」って言うんだよ。

へぇ〜 そうなんだ!
それを“しあわせ”って言うんだ。

そんな会話をしながら、改めて幸せって
そんなモノなんじゃないかな?なんて
思ってしまいました。

大きな家に住み、大きな車に乗ることが「幸せ」
みたいなイメージが勝手に先行してしまいがちではありますが

幸せとは
なるものではなく、感じるもの。


決して“選ばれた一部の人たち”だけが
なれるモノであったり

また頑張ったり、努力した人だけに
与えられる特権でもない様に思います。

たとえば
信号待ちに、野に咲く花に心が癒されたり

横断歩道で止まってあげたら
子供たちにお礼を言われてちょっと嬉しかったり

赤信号で1回も止まることなく帰宅出来たり

超ミニスカートの女子高生に道を尋ねられたり(笑)と

つまり、上手く行けば、帰宅する帰り道の途中で
10ポイントゲット出来てしまう可能性は十分にあるってこと!

小さな嬉しいや、わずかな楽しいの集合体が
いつしか幸せになって行くのであれば
感じ方次第では、いつでも誰にでも簡単に
得られるものではないでしょうか。

取り分け、長年悩まされている頭痛や腰痛など
痛みがなくなることほど嬉しいものはありません。

健康な体を手に入れるということは
野に咲くお花のレベルじゃありません!

一気に40ポイントゲットです。(笑)

さらにお顔が小さくなると
プラス30ポイントゲット!

サイズダウンで50ポイントゲット!

つまり美と健康を手に入れることを
幸せポイントに換算したら
一気に120幸せポイントの計算です。


ちなみに100ポイント溜まるとプラス10ポイントの
サービスがあるので、正確には130ポイントです。(笑)

後は、日々小さな嬉しいや楽しいといった
1ポイント1ポイントをコツコツ溜めて行けばOK。

気がつけば「幸せな人生」って訳ですね。

でも、たとえ小さくてもそんなに嬉しいことや
楽しいことなんて毎日あるのかなぁ〜?

なんて思われる方がいるかも知れませんが

心配は無用。
幸せ100ポイントゲットしちゃえば
あらゆることが楽しく感じられるそうですので
ご安心を!!(^^)V


「美と健康」を手に入れるってことは
単に健康になる、単にキレイになるってことじゃなく
幸せを感じられる最短距離なんだって思います。



ちなみに私は、ラッキーにも幸せキャンペーン中に
たくさん嬉しいことを感じられたので
今現在でなんと1280幸せポイントをゲット!!

でも先日のラーメン定食が超美味しかったので
1281ポイントになった今日この頃です。





















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月11日

ポジティブ保険

車社会と言われて久しい現代では
もはや車は生活の一部というより
むしろ体の一部なのかも知れません。

毎朝の通勤に、ちょっとしたお買い物に。
そして友達や家族と出かけるドライブにと。

様々な用途で誰もが気軽に使っている車。

人や荷物を運べることはもちろんのこと
高速道路を使えば時速100キロという
ハイスピードでの移動も今では超当たり前。

エアコンやCDだけでなく
ナビゲーション・システムにカーテレビ
といった装備が標準となりつつある今

テクノロジーの進歩によって
車は単なる移動手段の道具ではなく

誰もが簡単に快適なドライブをすることが出来る
体の一部分へと進化して来ているのではないでしょうか。

でもそれは、決して技術や性能だけの問題ではなく
「保険に加入しているという心の安心」
が、快適なドライブをするための大きなウエイトを
占めているのではないでしょうか!

    〜〜〜〜〜〜

今から20数年前のちょっと笑える
超リスキーなエピソード。

当時20代前半の私は
超ビンボーな暮らしの毎日。

節約節約の切り詰めた生活の中
ついに車の保険まで節約しちゃいました。

当時、仕事で忙しく車に乗ることなんて
ほとんどなかった私は、たま〜の運転も
チョイ乗り程度で終わってしまうくらいでしたから

まぁ大丈夫だろう!と
超最低限の自賠責保険だけの車生活をスタート!

実際、車を運転する時間はほとんどなく
何の問題もないままに時は過ぎ去った訳ではありますが

ただ、それまでは気軽に乗れていた車も
毎日走り慣れた道にも関わらず

たった500m走らせるだけでも
緊張とプレッシャーで肩に力が入ってしまい

パトカーはもちろんのこと、対向する車や
歩行者とすれ違うだけでも神経が疲れてしまった
ことが今でも忘れられません。

たかが保険、されど保険。

いざという時に身を助けてくれる
存在があるというだけで
人は気楽に生きて行けるんだってことを
身を持って経験した瞬間です。


車とは「便利な道具」であると同時に
人に危害を加えてしまうかも知れないという
リスクがあることも、また事実。

だけど、いざという時に自分の力になってくれる
存在さえいてくれれば、いつだって楽しい
ドライブをすることはそんなに難しい話ではありません。

ドライブだけでなく、あらゆる物事には
「光と影」がある様に、必ず対局する
2面性が存在することは避けられません。

出会いがあれば、別れがある様に
栄光があれば、挫折もある様に・・・

健康な時があれば、痛い時がある様に!

「光と影」があることは
人生においても同じことが言えるもの。

時に人生とは辛くて悲しいことも
少なくないかも知れません。

でも、いざという時に頼りになってくれる
存在さえいてくれれば

“人生という名の楽しいドライブ”
をすることは決して難しい話ではないハズ!

カイロプラクティックMORIIという存在が
皆様にとって「安心という存在」に思って頂けることが
これからの私の使命ではないかと感じる今日この頃。

いつまでも、「ギックリ腰になっても安心」
といった、そんな“生命保険的な安心”で
終わってしまうのではなくて

調子の悪い時はもちろんのこと
絶好調の時だって!!


快適で楽しい人生を過ごすための
“ワクワク・ドキドキ”を感じてもらえる
そんな「ポジティブ保険的な安心」に
感じて頂ければ嬉しい限りです。

(^^)V









ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月07日

女優のひと言

申し訳ありませんが領収書を
頂きたいのですが・・・。

先日、カイロプラクティックを受けられた方から
領収書を発行して欲しい、とのお願いがありました。

領収書を発行すること自体は、これまでに
何度もあり、特別珍しいことではありませんが

実は、領収書を提出すると
会社から補助金が出るんです。


とのこと!

何でも今年から会社の福利厚生の一環として
カイロプラクティック補助が出来たそうです。

疲れた体をリフレッシュして
元気な体で仕事をして下さい。


というコンセプトの元

原則として月に1回、1500円の補助があるそうで
従業員の体のメンテナンスを一部負担しよう
という会社側の試みだそうです。

不況と言われるこんな時代です。

リゾート地に豪華な保養施設を建設するよりは
余程GOOD!な考えだと感じるのはきっと私だけではないハズ。

何より、カイロプラクティックが補助の対象として
認めてもらえたという事実が、カイロプラクティックを
日々の仕事としている私にはとても嬉しく感じます。

最近では、交通事故による保険の申請にも
カイロプラクティックを適用してくれる
保険会社さんが増えつつある様に

カイロプラクティックを取り巻く環境が
少しずつ変わりつつあると感じる今日この頃です。

思い起こせば
数年前までのカイロプラクティックに対する
世間のイメージは、超ウサン臭いモノだった
気がしただけに

自称、「カイロ・イメージ向上委員会」(笑)の
私としては、本当に嬉しいことであります。


これにはある一人の人気女優さんによる功績が
とてもとても大きいのではないかと感じております。

二人目のご出産おめでとうございます!
出産後でもその抜群のスタイルを維持出来る
秘訣をぜひぜひお聞かせ下さい。


という雑誌のインタビューに対して

出産後からすぐに
骨盤矯正のケアをしています♪


女優という仕事柄、姿勢や歩き方も大切なアイテムなので
実は以前から定期的にカイロプラクティックに通っていて
お陰で今では肩こりやむくみなども改善されました♪

という彼女の発したコメントから
女性誌を中心にカイロプラクティックや骨盤矯正という
フレーズが爆発的に浸透した様に感じます。

これまでずっと
バラエティー番組の罰ゲームのインパクトが強く
“痛い・恐い”という強烈なイメージがあっただけに

ある女優のたった一言が、これ程まで
イメージを変えることが出来るのか!?


と、言葉のパワーを強く感じます。

「美と健康」に多大な影響を与える骨盤矯正が
いつまでも日の目を見ないのは誰にとっても残念な話。

だから彼女の発した超クリーンなコメントは
私にとって「奇跡のコメント」となっただけでなく

きっと多くの女性たちが骨盤矯正を受ける
大きなきっかけになったのではないでしょうか。

とは言っても、まだまだ

なんだか恐〜い

と思われている方も少なくないハズ。

21世紀に入り、気がつけば平成も21年目。

昭和の古臭いイメージに縛られることで
いつまでも三流お笑い芸人のリアクションを
鵜呑みにして日々を過ごすよりも

どうせ信じるのだったら
超人気女優さんのポジティブなコメントを
信じてみてはいかがでしょうか。

人生に正解か、不正解なんてモノはきっとないハズ。

○か?×か?

どちらかの2つを信じるのなら、迷うことなく
○を信じる生き方をして行きたいものであります。

















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月29日

リアル☆常識をぶっ壊せ!

久しぶりに会った知人の方から
意外な言葉が。

実は今、東京なんです!!

え”〜!!
いつの間に!?
ついに行ったんだ! 東京!

と言うのも、実は
「東京でチャレンジしてみたい」という話を
前々から聞いていただけに本当にビックリ。

ぶっちゃけ、東京に行く確率なんて低く
このまま地元で働いて結婚でもするのかなぁ
なんて思わなくもありませんでしたから
本当に驚きました。

これまで一人暮らしの経験もなく
貯金だってそれ程、多い訳ではありませんし

働けるんだろうか?
何より一人で生活が出来るの?

なんて考え出したら、飛び出すことなんて
到底出なかったそうです。

そんな弱気だった彼女が
なぜ勇気を出して東京に行けたのか?
を聞いてみると、なんと

常識をぶっ壊せ!

という私のブログを読んでから
新しい常識を創造しなきゃって本気で思う様になり

“よしっ 東京に行こう!!”
と決められたそうです。(驚)

もちろん彼女自身の決断力と行動力にも
とても驚かされましたが

文章が、そして言葉が持つパワーの強さを
直接肌で感じられた瞬間でもありました。

慣れ親しんだ仕事も辞めて、なかなか友達とも
会えない、というリスクも背負いながらの東京。

しかも両親の反対を押しのけての一人暮らし。

世間一般的な“常識”から考えれば
「あり得ない」話なのかも知れませんが

でも実際は“あり得た”訳です。

裕福な暮らしには、まだまだ程遠い様ですが
彼女自身、現在の生活にはとても満足している様です。

引っ越してから半年。
ずっと憧れていた都会での生活は
見るものの全てが初めての連続で
毎日がとても新鮮なんだそうです。


仕事のことや家族のこと、友達のことなど
確かに不安要素はたくさんありましたが

失敗は間違いじゃない!

という先生の言葉に、ずいぶんと肩の力を
抜かせて頂きました。(^^)

とのこと。

仕事も見つからず、寂しくなって
たとえ1週間で戻って来たとしても
絶対にそれは間違いでも失敗でもないと思います。
(^^)V

インターネットという回線を通して
彼女の人生と深くリンク出来たことに
21世紀ならではの「最先端の人間関係」を感じます。

車でもそうですが
安全運転を心掛けることで、使い方次第では
「人類史上、最高の創造物」にもなる反面

下手をすれば、人をはね飛ばす程の威力を持つ
殺人マシーンに変わってしまう様に

人が発する言葉もきっとこれと同じなんだと思う。

凹んだ時はM-logで元気をもらってます!
という彼女のためだけでなく

これからも、たくさんの人に元気を感じてもらえる
そんなブログを更新して行ければ嬉しいな、なんて
思っております。(^^)V

十人十色という言葉がある様に、世界中誰一人として
同じ人なんて存在せず、人は皆それぞれに違うもの。

だからこそ
自分のルールは自分自身で作らなきゃ!!


彼女の勇気ある行動は

○か×を決めるのは、他の誰でもない
自分自身で決めるということ。

そして、その一つひとつの積み重ねが
いつか「自分色の人生」になって行くんだ。

ってことに気付かされた、そんな気がします。

デジタル文字でもリアルボイスでも
コメントを頂ける瞬間はいつだって
とても嬉しいもので

何気に発した彼女のコメントは
私に元気と自信を与えただけでなく

インターネットという回線を通して
全国100万人の(笑)
M-logユーザーの方々にも元気と勇気
そして夢と希望を与えてくれることと思います。














ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月18日

神様の意地悪

ある日曜日の朝。公園のベンチに
元気のない一人の子供がいました。

どうした?元気ないじゃん。
何かあった?

と話しかけると

神様は意地悪なんだよね。
とポツリ。

だってこの体型でしょ。運動オンチだし。
顔だって良くないから女子には全然モテないし
家はビンボーだからゲームとかも買ってもらえないしさ。

それに比べて同じクラスの近所の友達なんてさ
足はクラスで一番速いし、塾にも通ってるから
いっつも成績もいいし、お父さんは会社の社長さん
だから超金持ちで最新のゲームもたくさん持ってるんだよ。
 
同じ年で同じ学校に通って同じ町に住んでいるのに
全然違うんだよな〜
これって絶対平等じゃないよね!

だから神様は絶対に意地悪なんだよね!


痩せている、太っている。

足が速い、遅い。

背が高い、低い。

成績が良い、悪い。

力が強い、弱い。

お金がある、ない。

男性である、女性である。

確かに表面的なところだけを見れば
決して子供の世界だけの話なんかじゃなく
これは全然平等じゃないのかも知れません。

でも「神様」って呼ばれるくらいだから、本当は
君が思っているほど意地悪じゃないのかも知れないよ。

どうして?

だって背が高い人だって足が速い人だって
良い時も悪い時もあるでしょ。

お金持ちだから良い思いをする時もあれば
お金持ちだからこそのツライ経験もきっとあるハズ。

顔の作りに背の高さ、運動能力や家柄など
目で見えるモノだけで比べれば
超不平等に感じられるかも知れないけど

神様は、必ずどんな人にも良い時もあれば
悪い時もある様に考えてくれているんだよ。


だから生まれてから死ぬまでの間
100%良いことだけで終わる人もいなければ
100%悪いことだけで終わる人も絶対にいない
ってことを忘れちゃいけないんだ。

10年という短い年月で一生を終える人もいれば
100年という長生きをする人もいるよね。

何年で人生を終えるのかは人それぞれだけど
これまでの人生を振り返った時に

神様は、必ずどんな人も平等に
「良い時」と「悪い時」が超正確な
50対50の比率になる様に

“そこ”だけは
しっかりと考えてくれているんだって。

つまり10年という君のこれまでの人生で考えれば
5年間は楽しい時で、残りの5年間が辛く感じた時だって訳だね!

これは、君やクラスで一番の人気者クンだけの話じゃなく
お父さんやお母さんや、学校の先生や近所のお婆さんだって
みんな同じなんだよ。

これが神様が考えた
50対50の「超平等の法則」って訳。


そんな風に考えたら人気者もいじめられっ子も
幸せ半分、不幸せ半分のみんな平等ってことで
神様も案外、意地悪なんかじゃないでしょ?



・・・・う〜ん。
分かる様な、分からない様な・・・。

だってさぁ〜

そんな器用なことが出来るんだったらさ
初めから顔や身長なんかの目で見えるところだって
もっと平等に作ってくれたらいいのに!!

た、確かにその通り!!(苦笑)

だからやっぱ
神様は意地悪なんだよね!!


でも 僕がビンボーで人気者じゃなかったそのお陰で
おじさんからちょっとイイ話を聞けたのはラッキーだったかもね。

でしょ!! (^^)V

10歳の小学生を納得させるには、ちょっと
難しい話だったかも知れませんでしたが
元気を取り戻す何かのキッカケになってもらえた様で
何よりです。















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月17日

意識が大事!

4月の入学式も終わり
ピカピカの新1年生たちも
毎朝、元気よく登校しています。

とても嬉しく思えることは上級生たちが
1年生たちを自分たちの間に挟んで
道路の端をしっかりと1列になって
登校してくれていることです。

初めは
自分には関係ない
という顔をしていた生徒たちも

次第に自分から1年生の子たちと
一緒に歩いてくれる様になって来ました。

中には手をつないで歩いてくれる生徒もいたり

私の前でカッコイイ所を見せたいのか

いいか!車に気をつけて
僕の後にしっかりついてくるんだぞ!


と元気よく(笑)一年生を
リードしてくれる生徒などなど

1年生が入学したことで

しっかりしなきゃ!
という気持ちが強くなって来た様です。

それまで毎朝遅刻気味だった数名の生徒たちも
最近では全く遅刻しなくなって来ました。

さすがにこれには私も驚きです。

お陰でいつもより10分ほど早く切り上げることが
出来て私も助かっております。(笑)

そんな子供たちの活躍ぶりに
1年という歳月は、実に確かな成長を
感じさせてくれるんだって思います。

人が成長する上において
大切なことは意識をすることです。


“意識”をすることが「知識」となり
知識が「知恵」を生み出すと言われています。

「新1年生が新しく入学したんだ。」
と、改めて意識をすることで

“しっかりしなくては”という気持ちから
新1年生と歩くという行動に繋がります。

まだまだ不安定な複数の1年生たちを
ちゃんと登校させるためには

縦1列に並んで登校するのが一番いい
という知識に繋がります。

さらに、より安全に登校させるためには
1番前は1年生ではなく

上級生が先頭に立って安全なルートを歩く
という行為に繋がります。

そして最後尾も上級生が歩くことで
後方から注意出来ることで1年生の飛び出しを
未然に防ぐという知恵を生み出します。

意識が「一緒に歩く」という行動の原動力となり
そして行動を起こすことが知識を引き出してくれ

その知識が、「一緒に歩く」から
「守る」という知恵を生み出してくれます。

全ては意識をすることから始まります。

魅力的で素晴らしい人生を送るためには
知恵(アイデア)を生み出すことが必要ではないでしょうか。

慌しく忙しい毎日の中では、仕事や時間に追われ
つい無意識に日々を過ごしてしまいがちではありますが

たまには、ふと立ち止まって

今日という日を、今という瞬間を

意識してみることも、案外悪くないんじゃないかな
なんて思う今日この頃です。















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月15日

恥骨離開2

「現在、妊娠8ヶ月目ですが
診て頂く事は出来ますでしょうか?」

先日、そんな1通のメールが届きました。

妊娠前から気になっていた腰痛が
産後数ヶ月してから、強い痛みに変わり

就寝時には寝返りもうてず、特に寝起き時には
かなり強い痛みを感じる様になったそうです。

胎児のことを考えれば
安易に薬を飲む訳にはいきませんし

かと言って
妊婦さんの激痛に対応してくれる
病院や施療院は中々見つからず

どこに電話しても
「妊婦は診れません。」
と言われ続けたそうです。


確かに「妊婦は診れません。」
という所が多いだけに

せめて私ぐらいは
「いつでも大丈夫です!(^^)V]
と行きたいものであります。

当院では、妊婦さんであっても安定期にさえ
入っていれば十分対応させて頂きますので
どうぞご安心下さい。

カイロ未経験の方は不安に思われるかも知れませんが
1回の施術でも痛みがかなり軽減される方もとても多く
施術に痛みを感じさせることもありませんのでご安心下さい。

もしも、妊娠中に腰痛や坐骨神経痛などの
痛みでお困りの方は、いつでもお気軽に
ご相談して頂ければと思います。

中でも多いのが、股間部に強い痛みを感じる
「恥骨離開」という症状。

あまり聞きなれない症状ではありますが
マイナーな症状なだけに「激痛」の割には
周りの方々の理解度も低く

股間という
場所が場所だけに手も当てにくく
痛みをアピールしずらい症状でもあります。

いつまでも痛みが長引けば、家族からも
心無い言葉を言われてしまったりすることも
あるかも知れません。

家族も分かってくれず、ずっと
誰にも相談出来ずにいました。

という方もきっと少なくないハズです。

せめて私ぐらいは、そんな悩める方々の
「良きパートナー」となれれば嬉しい限りです。

産後はもちろんのこと、妊娠中であっても
母親がお子様に与える影響は大です。

子供たちのためにも「激痛」を感じるのではなく
ぜひ「気持ちイイ」を感じてあげて頂ければと思います。

もちろんこれは、妊婦さんだけではなく
どんな方にも言えることですけどね!

快適なマタニティーライフを過ごす一番の秘訣は
妊娠前から腰痛や生理痛などの痛みのない健康な体と
ゆがみのないバランスの良い正しい姿勢でいることです。

では産後の快適な毎日を過ごす一番の秘訣はと言えば

産後も腰痛や生理痛などの痛みのない健康な体と
ゆがみのないバランスの良い正しい姿勢でいることに

出産経験がある様にはとても思えませんっ!!
と言われる、そんな美しいスタイルをキープさせることに尽きます!

当院には、美顔から美肌・ダイエットなどなど
元気でキレイになれる人気のメニューが
盛りだくさんですのでお楽しみに!

ほんの少しキレイになることが、人ひとりの人生を
これ程大きく好転させるんだってことをリアルに感じる今

ただ単に痛みを取るところといった
これまでのカイロのイメージで終わらせるのではなく

「嬉しい」「楽しい」「気持ちイイ」
を感じてもらえる

そんな新しいカイロプラクティックのイメージを
創り出せればと願う今日この頃です。



















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ