2009年04月08日

新シーズン

? 1385.jpg

4月。

桜も満開!
新しいシーズンの到来です。

恒例となりつつある朝のあいさつ運動も
2ndシーズンとなりました。(^^)V

感動の卒業式もつかの間
先日、無事入学式も終わり
今日からピカピカ新1年生の登校が始まりました。

真新しいランドセルと黄色い帽子をかぶった
久しぶりに見る新1年生は
小さくてホントに可愛かったです♪

いつも通りに登校しようとする上級生たちに
1年生の子たちを間に挟んで登校する様に指導することで
上級生たちも優しく接してあげてくれました。

進級すると共に、心なしか数ヶ月前に比べて
子供たちの顔つきもちょっとだけ
大人になった様な、そんな気がします。

ぜひこれからも新1年生たちの良いお手本となる様
頑張って頂きたいものであります。

桜満開の新入学のシーズンなのに、急いでいるのか?
道幅の狭いスクールゾーンにも関わらずスピードを
出し過ぎるドライバーがいることは、とても残念です。

これから素晴らしい未来が待っている
子供たちに事故があっていけません!

朝の数十分という、わずかな時間ではありますが
子供たちのために今年度も頑張って行こうと思います。

思い起こせば、ほんの1年前は我が家の長男クンが
6年生のお兄さんやお姉さんたちに手をつないで
登校させてもらっていたかと思うと

たくましくなったなぁ〜
なんて、しみじみと実感。

まだまだ2年生ではありますが、一人でも
交通ルールを守り、元気いっぱい登校する姿に

1年という歳月は
人を成長させる十分な時間
なんだって思います。


何もしなければ成長はありません。

でも「何かをすれば」成長するには
十分過ぎる程の時間であることだけは
間違いありません。

上手く行くことだけが全てではなく
失敗も成功も含め、「何かをする」ことが
大きな成長に繋がるんだって思います。


ただ、同じ1年という歳月であっても

子供たちの成長する伸び率に対して
大人の成長する伸び率の方が圧倒的に
少なくなっている気がします。

それはきっと

見るもの、経験することの全てが初めてで
日々新鮮な毎日を過ごす子供たちに比べて

大人になる過程において
“ある程度の経験”をしてしまったことから

いつしか「新鮮だと感じる毎日」を過ごさなく
なってしまっていることが、成長を妨げる
大きな原因になってはいないでしょうか?

だから大人が日々成長を感じるためには
「何かをする」のではなく“新しい何か”を
するという意識を持つことが大切なんじゃないかな
なんて思います。

明和町移転3年目を迎える今年は、これまで以上に
小さな枠の中には収まることなく

決して「美と健康」だけに留まらず、たとえば
カウンセリングや究極のリラクゼーションといった
「今までにない何か」にも、ドンドンとトライして
行きたいと思う今日この頃です。













ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月01日

2周年キャンペーンのお知らせ

2009年4月を持ちまして明和町移転2周年を
迎えることが出来ました。

振り返れば、これまでにもたくさんの方々に
ご来院して頂くことが出来、本当に嬉しく思っております。

無事、2周年を迎えることが出来ましたのも
皆様のお陰と、月並みではございますが・・・

感謝の気持ちMAXで
祝2周年キャンペーンを開催させて頂きます!!
(パチパチパチ〜)

先日
「お陰さまでもうすぐ移転2周年なんですよ〜」
と、常連さんにそんな話をしていたら

もちろんするんでしょ!
今度のキャンペーンも期待してますね〜♪

なんて言われてしまいましたので

そんな超期待をされている方々の
期待を裏切ることのない様
脳内回転フルで考えさせて頂きました!

ちょっとベタかも知れませんが、今回は
2周年だけに「2」にまつわるキャンペーンです。


祝2周年キャンペーン
【キャンペーン期間2009年4月〜31日まで】


キャンペーン1
各お試しコース20%OFF
お試し骨盤ダイエット    6000円soon4800円
お試し美顔コース      7800円soon6240円
お試し下半身太り解消コース 9800円soon7840円
お試しフルコース      12000円soon9600円

キャンペーン2
カイロ・パスポート 金券2000円プレゼント!

キャンペーン3
各コース 2回プラス
4回soon6回 6回soon8回 12回soon14回

キャンペーン4
大人気 下半身太り解消コース
SP24回コース20%OFF!! 
(12回コースは10%OFFとさせて頂きます。()

さらに!
これを読めば元気100倍exclamation×2と大好評
書籍「M−log」もドド〜ンとプレゼントexclamation×2


4月という新しいシーズンの始まりです。

ぜひカイロプラクティックMORIIで
健康的で美しいスタートと行きましょう!!
(^^)V

3年目を向かえる今年は、今までとは違う
また新しいシステムでスタートさせて頂きますので
どうぞよろしくお願い致します。

皆様のご来院を心よりお待ち致しております!







ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月31日

好景気で行きましょう!

最近は景気の悪い話をよく耳に致します。

確かに今は、連日新聞やテレビの報道で言っている様に
100年に1度の大不景気な時代なのかも知れません。

今現在、景気が悪いと感じているというこは
言い換えれば
数年前は景気が良かったということになります。

でも果たして数年前は本当に景気が良かったと
感じていたのでしょうか?

恐らく1年前や2年前に景気が良いと
感じていた人は、きっと少なく

その頃は、その頃できっと景気が悪いと
感じていたのではないでしょうか。

でも今現在、景気が悪いということは
数年前は、間違いなく今より絶対に
景気が良かったと言えます。

経済とは、数百年前からこれまでずっと
60年という正確な周期でアップダウンを
繰り返していると言われております。

“下降線”と言われる現在の流れから行けば
1年後、2年後は間違いなく
今より景気が悪くなることが予想されます。

ということは

つまり、数年後と比べれば
今は余程、景気が良い
ということになりはしないでしょうか!


ウサギと比べれば、カメはとても
足が遅いのかも知れませんが

そんな“のろまなカメさん”でも、ナメクジと比べれば

めちゃめちゃ駿足だと言えます!!

要は誰と比べるか、何と比べるのかで
モノの見方や考え方は大きく変わって
来るもの。

常に数年前と比べて景気が悪いと感じるより

常に数年後と比べて景気が良いと思う方が
楽しいんじゃないかな?

あぁ〜 2年後よりは
絶対今の方がいいって!


みたいな。(笑)

右肩上がりの景気の良い時代には
その時の良さがあり

不景気と言われる時代にも
その良さは必ずあるものです。

例えば、業績の悪化に伴い、残業がなくなることで
大切な家族との時間が増えたり

不安定な時代だからこそ、どうせなら
自分らしい生き方をしようと新しい資格に
チャレンジ出来たり

自分には関係ないと思っていた政治に対しても
真剣に考える様になったりと

不景気だからこその良さも決して少なくないハズです。

不景気時には残業がないないと慌て
でも好景気時には毎日残業ばかりで
休みがないないと思っているかも知れません。

案外、景気・不景気に関わらず
いつの時代も不平・不満を口にしている
ことは少なくないかも知れませんよね。(苦笑)

言い換えれば、今現在、景気が悪いと感じている人は
世の景気の良し悪しに関係なく、これから先も
ずっと景気が悪いと感じてしまいかねません。

確かに、これまでに出会った景気の良い人に
共通しているなぁ〜と感じることは

世の中の流れや業績の良し悪しに全く関係なく
エブリデイ、いつも景気が良いということ!

もちろん時には、辛い時や苦しい時も
多々あったに違いありません。

でも過去じゃなく、未来を見ることで
皆さん毎日を楽しく過ごしていた様です。

厳しいと言われる現在でも
更に厳しくなる未来よりは
絶対に居心地が良いハズ!

今現在に満足することが
満足の行く未来に繋がる何よりの秘訣。


「過ぎ去った輝かしい過去」と比べることで
エブリデイ、不景気だと感じるよりも

良くも悪くも「輝かしい未来」と比べることで
エブリデイ、好景気で行きましょう!


幸せとは
なるものじゃなく、感じるもの。


昔、とある弱小企業の社長さんから頂いた
胸にジーンと響いた言葉です。






ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月25日

PTA!?

新しい時代を創り上げるのは
いかに「先を読むことが出来るか」ではなく

いかに
「これまでの常識を捨て去ることが出来るか」
に尽きます。

明日とは、昨日と引き換えに来るモノ。

いつまでもこれまでの過去にしがみついてばかりいては
いつまで経っても新しい一歩は始まりません。

未来を創り出し、これからを楽しむために大切なのは
いかにこれまでの常識をなくすことが出来るかどうかに
かかって来ます。


先日、ある1本の電話が鳴りました。

お風呂上りにビールをグイっと
一口飲んだ瞬間

プルルルル・・・

とその電話は鳴りました。

聞き覚えのない名前。
遠回しな言い方に、最初は何の話か
全く分かりませんでしたが
何と「PTA」要請の電話でした。

PTA!?

PTA=スネ夫のママ
というのがPTAに対するイメージだった私には

真っ先に
あり得ない、あり得ない
と思いましたが

頼まれごとは出来る限り断らないが私の心情。

口説き上手な説得も手伝ってか、話の流れから
気がつけば断ることの出来ない状況に・・・

スネ夫のママ。

つまりPTAとは、“ざま〜す”が口癖の角のとがった
大きなメガネをかけた上品な教育ママさんがするもの
といったイメージがありましたが

当院にご来院頂いておられる先輩ママさんのお話では

そんなイメージは古過ぎますよ〜

今のPTAのイメージはですね〜
ズバリ “哀川 翔”ですよ!

とのこと。

あ、哀川 翔!?

Vシネマではヤクザ映画が超定番の
あの哀川 翔がPTA・・・

PTAと言えば、これまでずっとスネ夫のママという
イメージが強かった私には

あまりにもかけ離れたイメージに
強いカルチャーショックを覚えましたが

哀川 翔ならアリかも!
というのが本音。(笑)

「スネ夫のママ」〜「哀川 翔」

時代は変わると言いますが
ここまで変わるかと思うと驚き桃の木です。

確かに数十年前までは、「PTA=スネ夫のママ」
という印象が存在したのも事実だったかも知れませんが
少なくとも今現在、そんなイメージは皆無の様です。

むしろ今のPTAにはワイルドなイメージすら
求められて来ているそうです。

実際、「スネ夫のママ」と「哀川 翔」では
時代錯誤もいいところです!

これまでの常識にこだわり過ぎるあまり
時代に取り残されてしまうということは

髪型やファッションだけでなく
ビジネスの世界でも少なくありません。

これまでの常識は「こう」だから
これからの常識も「こう」だなんてことは
絶対にないハズです。

未来を創り出す上において大切なのは
古臭いこれまでの常識をいつまでも持ち続けるのではなく

いかに、これまでに得た常識を捨て去ることが
出来るかに尽きると言えるのではないでしょうか。


長男がやっと1年生を修了したばかりの私にとっては
学校のシステムすら分からないことも多く
PTAなんてまだまだ早過ぎる気がして不安ではありますが

今更、後には引けない状態ですし(苦笑)
やるからにはあまり難しく考えずに
楽しんで行きたいと思います。(^^)V

出来る限り子供たちのために何かの力になれればと
思っておりますので、ご父兄の皆様
ぜひ暖かい目で見守ってやって下さい。

早速の大仕事は入学式。

先日、卒業式に出席したかと思えば
今度は入学式です。

今度はハンカチ2枚はいりそう!!(笑)

生きて行く中には不安なことや面倒なことも
多々ありますが、何の問題もない人生ほど
退屈なものはありません!

人生は悩むためにあるのじゃなくて
楽しむためにあるんだってことを忘れずに行けば

不安なことや面倒なことだけでなく、きっと
どんな困難も乗り越えられそうな気がします。

大切なのは
いつまでも古い常識に縛られないことで
また新しい常識を創り上げて行くことだと
感じる今日この頃です。












ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月18日

祝 卒業式

本日、私の母校でもある小学校の卒業式が
ありました。

あいさつ運動や交通整理をしていることで
今回、来賓という形で参加させて頂くことが出来
光栄の一言です。

式前に校長室に集まった平均年齢約60歳という
そうそうたる来賓の方々の顔ぶれを見た瞬間

う〜ん 場違いかも。

なんて思いながら、大人しく端の方で
出番が来るのを待っておりました。

その後、校長先生の合図のもと
生徒たちの待つ会場へと向かいました。

在校生たちの大きな拍手に出迎えられ
少し緊張しながらも真顔で歩いている私にむかい


あっ いつもの朝のおっちゃんや!

ホントだ! おじさんだ!

何で?何でここにいるの?

という、聞き慣れた子供たちの声が・・・

そんな子供たちの声も今日だけは
聞こえないフリをして完全無視。(苦笑)

でもいざ着席してみると、「森井 務様」
とテーブルの上に置かれた自分の名前を見ることで

なんでこんなところに座っているんだ?
と不思議に感じてしまったのが本音です。

少子化と言われる現代です。

20年以上も前の自分たちとの卒業式とは
趣向も雰囲気も「生徒数」も全然違うなぁと感じました。

特に印象的だったのが
卒業証書をもらう前に一人ひとりが
自分の夢を語るという場面があったことです。


『私の夢は、将来、薬剤師になることです。
薬を通して病気で苦しんでいる人たちの
力になりたいと思います!』

『僕はゲームが大好きです。
だから僕の夢はゲーム会社に入って皆が楽しめる
ゲームソフトを開発したいです。
そしてその売り上げの30%を
世界の貧しい人たちのために使いたいです。』

毎朝、たくさんの生徒と触れ合うことで
名前までは知らなくとも、見慣れた顔ぶれも多く
感動的なBGM効果にも乗せられ・・・

いきなり一人目から涙目に。

「人は年齢を重ねるごとに涙もろくなる」

と、以前そんなことを聞いたことがありましたが
実際、これは本当なのかも知れませんね。(苦笑)

生徒たちの話す夢の話はとても熱く、聞いていて
本当に素晴らしいものばかりでした。

ピアノの先生から看護師にプロスポーツ選手まで
一人ひとりがしっかりと明確な夢を持っていたことに
驚くと同時に、心から感動させて頂きました。

ただ漠然と○○になりたい。
といったモノではなく

何故なりたいのか?
何のためになりたいのか?
なるためにはどうしたらいいのか?


といったことまでが明確になっていたことに
これなら大丈夫!絶対夢は叶うと思いました。
(^^)V

医者に弁護士にサッカー選手。
漫画家・ファッションデザイナーにネイリスト。

いろんな職業が飛び出す中で、残念ながらカイロプラクター
という言葉を聞くことは出来ませんでした。

カイロプラクターという職業が
いつか子供たちの将来なりたい職業の一つに
選んでもらえることが夢の一つでもある私にとっては
ちょっぴり残念な結果ではありましたが

今はまだまだマイナーな職業なんだと思えば
これからが楽しみです。(^^)

「人は年齢を重ねるごとに夢を見なくなる。」

と、以前そんなことを聞いたことがありましたが

ぜひ大人になっても、ずっと夢を
持ち続けて頂きたいものであります。

夢を叶えることは素晴らしいことです。

だけど夢は
叶うことよりも、叶うまでが楽しいもの
ということを忘れないでもらいたいです。

人生とは、結果じゃなく、そのプロセス。

大切なのは、夢を持つことで
夢に向かう“そのプロセス”を楽しむこと
だと私は思っております。

子供たちが夢を諦めてしまいそうな時は

夢を叶えることだけが全てじゃなく
努力や挫折や失敗といった様々な経験を含め

その夢に一生懸命に向かうプロセスを楽しむことが
「楽しい人生」になるんだってことに気付かせて
あげることが出来ればいいなと思います。

64人の生徒たちによる夢物語によって
予想以上に感動的な卒業式となりました。

在校生たちによる力強く元気ある歌声もとても感動的で
お陰で最後は随分とハンカチが重くなってしまいました。(涙)

「卒業式」というお金では買えない
こんな貴重な経験をさせて頂いた校長先生を始め
関係者全ての方に感謝です。

何より夢を持つことの素晴らしさを
改めて思い出させてくれた子供たちに感謝感謝です。

思い出がつまった6年間。
寂しく思う人もいるでしょう。

でも涙は悲しい時に流すのじゃなく
嬉しい時のために残しておきましょう!(^^)V

ぜひ卒業生のみんなが素晴らしい中学生生活を
送ってもらえれば嬉しい限りです。

思い起こせば、軽い気持ちで始めたあいさつ運動が
こんな素晴らしいシーンに繋がるとは夢にも思いませんでした。

「一歩」はとても小さいものかも知れません。

でもその一歩、一歩の積み重ねが
未来を作ってくれるんだって実感です。

わずか数十分という短いあいさつ運動ではありますが
子供たちと出会えたことを嬉しく思う今日この頃です。















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

プラスへの突破口

上手く行かない時は何をしても
本当に上手く行かないものです。

仕事にしても恋愛にしても
調子の悪い時は、絵に描いた様に
上手くいかないものであります。

そんな時に限って、シートベルトで
捕まったり、財布を落としてしまったりと

普段は絶対にしない様なミスにまで
遭遇してしまうのは何故なのでしょうか??

「類は友を呼ぶ」と言う様に
マイナスはマイナスを呼び込むそうです。

そんな運気が下がっている時に共通するキーワードは

物事が上手く行かないことを
無意識の内に、自分以外の
誰かのせいにしているということ。


例えば仕事が上手く行かないのは、誰しも
ついつい上司や部下のせいにしてしまいがちです。

せっかく自分がこんなに頑張ったのに
何やってんだよ〜!!

といった経験がある方も、きっと多いのではないでしょうか。

たとえ一人で仕事をしている人であっても
知らず知らずの内に、景気や政治のせいに
してしまっていることも少なくありません。

あらゆる物事に対し、上手く行かない原因を
自分以外の誰かのせいにしてしまっている内は
このマイナスのスパイラルから抜け出すことは
出来ません。


ではどうすればいいのか?


感の良い人ならすでに、ピン!!
と来ているかも知れませんが

マイナスのスパイラルから抜け出し
プラスのスパイラルに切り替えるには

あらゆる物事に対し
上手く行かない原因を全て
自分のせいにしてしまうに限ります!


職場のデスクの上が散らかっているのは自分のせい。
愛車が汚れているのは自分のせい。
玄関のお花が枯れそうなのも自分のせい。

あらゆる物事に対して上手く行かない原因を
全て自分のせいにすれば、意外と全てツジツマが合います。
(その1♪)

上司がダメなのは自分のせい。
部下が育たないのは自分のせい。
給料が安いのも自分のせい。

あらゆる物事に対して上手く行かない原因を
全て自分のせいにすれば、意外と全てツジツマが合います。
(その2♪)

政治が悪いのは自分のせい。
不景気なのも自分のせい。

一見すると
自分個人には全く無関係に思える
この様なことであっても

熱い思いで真剣に投票していただろうか?
世の中の景気が上向く様に働いていただろうか?

と考えれば

確かにその原因の一旦は、自分自身にも
あると考えられなくはありません。
(その3です♪)

玄関のお花から世の政治まで
全ての原因は自分にあったことを
素直に認めることで

だからこそ、こうしよう!!

という考えがわき、それに伴ない
行動が大きく変わって来ます。

この瞬間こそがマイナス・スパイラルからの脱却です!!

どの様に考え、どの様に行動を起こすのか?
それが大事。

原因が他人にあるのか、自分にあるのかで
その後の考え方や行動は大きく変わって来るのでは
ないでしょうか。


上手く行かない全ての原因は自分にある。

これこそが、プラス・スパイラルへの突破口です!




ちょっと誰ー!!

せっかキレイにたたんだ洗濯物を
グチャグチャにしたのは!!

お、俺じゃないよ。
子供たちだよ〜

え〜 だって相撲しようって言ったのはパパでしょ!
だからパパだよ。

何言ってんだよ。
グチャグチャにしたのはお前たちだぞ!

違うよ〜
パパだよ〜!


もういいですっ!!
ママがたたみますっ!!!(怒)


・・・・・・

原因を誰かのせいにしている内は
プラスのスパイラルは遠い話です・・・(苦笑)




















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

美の追求

先生のカイロを受けると体だけじゃなく
心も軽くなります!

この様なコメントを頂けると
カイロプラクターという仕事を選んで
本当に良かったなぁ〜と思いますね。

もちろん、頭痛や肩こりなど訴える症状を取り除き
体の調子を良くすることがカイロプラクティックの
一番の仕事なのかも知れませんが

体だけでなく心も元気になってもらえることも
とても大切なことだと私は思っています。

健康とは、痛みや病気など単に肉体面だけを見て
判断してしまいがちですが、本当の「健康の定義」とは

肉体面100、精神面100の、計200点満点
で考えるのがベストではないでしょうか。

肉体と精神は全くの別物であり、そのどちらも
ベストな状態であることが「健康の定義」だと考えます。

本来、教科書に載っている
正当なカイロプラクティックの役割とは

骨格のゆがみを矯正することでバランスを整えたり
神経圧迫を取り除いたり、痛みや症状を取り除いたりする
そんなことなのかも知れません。

でも精神的にも元気になってもらうことも絶対に大切です。
世知辛い、今のこんな世の中では、むしろそれ以上に
大切なことではないかと日々感じています。

心が元気になってもらう
その中でもっとも重要なファクターが「美」です。

いつの時代もあらゆる文化や産業の発展には「美」が
大きく関係して来ていることからも
「美意識」をなくして世の中はあり得ません。

だから「美」を追求するということは
人が生きて行く上だけでなく
世の中が発展する上においてもとても大切なことです。

食事でも盛り付けや器など「美」にこだわることで
より楽しく、より美味しく感じられる様に

美意識を持って生きることは
より楽しく、より中身のある人生に
させるものと言えます。

ただ食べるだけ、ただ胃に入れるだけの
食生活では、せっかくの食事もつまらない様に
ただ生きるだけはつまらないモノです。

やっぱ健康でキレイに生きなきゃ
楽しくありませんよね!


年齢を気にしたり、周りの心無い言葉を真に受けて
自信をなくしてしまっている方々を
これまでにもたくさん見て来ましたが

そんなことは全てノープロブレム。

世の中をかき回す程のパワーを秘めている
「美」を簡単に諦めてはいけません。

美に年齢は関係ないということ。

そして
ネガティブな言葉はポジティブな言葉には
勝てないということを“矯正をもって”
証明してみせますのでどうぞご安心下さい。

一度きりの人生を悔いのない素晴らしいものに
するためにも、ぜひキレイで行きましょう!!
(^^)V

嬉しい・楽しい・気持ちイイ

肉体面だけでなく、精神面も元気になってもらえることが
これからのカイロプラクティック・スタンダードです。

サイズダウンすると共に、嬉しそうに喜ばれる方々の
姿を見かけるたびに、改めて教科書に載っていることが
全てではなく

教科書には載っていない大切なことも
たくさんあるんだって強く感じる今日この頃。

これからも「美と健康」を融合させた
今までにない新感覚のカイロプラクティックを
目指して行きたいと思います。













ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月05日

カイロスクール修了式

先日、カイロスクールでの修了式がありました。

DCから修了証書を手渡される時は
皆さん本当に嬉しそうでした。

長年インストラクターとしてテクニック指導をさせて
もらっている私にとっても毎回、胸にグッと来る瞬間です。

特に今年はMORIIスクールを開設するということもあり
いつにも増して感慨深いものがありました。

1年の締めくくりでもあるラストセミナーです。

帰りの電車ではグッスリ寝てしまった程
精一杯、集中して指導させて頂きました。

その甲斐あってか、確かな手応えを感じられた様で
皆さんとても喜んで頂き、本当に嬉しく思います。

入校当初、本当にマスター出来るのだろうか?

と不安に思われていた方々が、1年前と比べて
随分と自信を持って矯正している姿を見れる瞬間は
実に頼もしくあり、嬉しいものであります。

もちろんテクニックを習得することも
大切なことではありますが、何より
「自信を持つこと」
に意味があるのではないでしょうか。

先の見えにくい、不安定なこんな時代です。

治療家としてだけでなく、一人の人として
日々、自信を持って過ごせるということは
実に素晴らしいことであります。

失敗もせず、どんなにソツなく無難にこなしても
それが「出来そう」なことなら自信はつきません。

自信とは「難しいと思えること」に
挑戦することで、はじめて
手に出来るものではないでしょうか。


たとえどんなに難易度の高いテクニックであっても
マスターさえしちゃえば、その後のリターンは大きいです!

長年お悩みになられている患者さんの辛い症状を
一瞬で取り除くことが出来れば、治療家としての
未来はきっと大きく変わることと思います。

これから学ぼうとされる方であっても
そんなに難しく考える必要はありません。

どれだけ難しいと思えることでも自転車と一緒。
乗れてしまえば、後は楽しい毎日です!(^^)V

「楽しさ」に終わりなんてないもの。

「難しい」が「楽しい」になった瞬間が
本当のスタートです!!


これからも楽しみながら
日々精進していってもらいたいものであります。

毎年、思うことではありますが
1年という歳月は、人を成長させるには
十分過ぎる程の時間なんだって思います。

1日24時間。
1年365日。


これだけは年齢や性別を問わず
全ての人々に平等に与えられた唯一の条件です。

「簡単に出来そうなこと」を無難にこなして終わるのか?
「簡単には出来そうにないこと」に挑戦するのか?

1年という限られた時間を「何」に使い
「誰」と「どの様」に過ごすのかによって
未来は大きく変わるものです。




〜お知らせ〜

スクール用サイトが明日アップ予定です。
カイロプラクティック&美容矯正に
興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。






ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月28日

アンチ・エイジングのススメ

先日、子供たちと公園に遊びに行ったら
偶然、久しぶりに同級生と再会しました。

実に数年ぶりの再会でしたが
そこは同級生。

お互いに
「お〜 久しぶり〜!!」
と一目で分かり合えました。

卒業してから、もう25年やね〜
なんてことを話していたら

その話(年齢)はやめてっ!

「40歳なんてマジでありえな〜い!(涙)」
と、年齢のことを相当気にしている様でした。

男性の私ですら、「もう40かぁ〜」なんて
思わなくもありませんから、女性ならなお更です。

女性にとっては天敵とも言えるエイジング(加齢)。

一見すると
「年齢を重ねること」「老い」
全くのイコールだと思われがちですが
果たしてそうなのでしょうか?

実際、若々しくない子供もいる訳ですから
年齢が若さを示す絶対のバロメーターではないと
私は思います。

日々たくさんの方々と出会う中で強く感じることは
年齢を重ねるごとに老け込んで行く人もいれば

逆に、年齢を重ねるごとに
若くキレイになっていく人がいるという事実。

「年齢」には2種類の考え方があると言われています。

一つは、実際の年齢のみで考える「実年齢」。

そしてもう一つが
心や身体の若さで示す「仮想年齢」という考え方。

そもそも老化現象とは、エイジング(加齢)の課程で
次々と生じる「心と体の不具合」を指す訳ですから

心身共に健康な体でさえあれば、たとえ今現在
何歳であっても、決して「老化」とは言えません。

年齢を重ねるごとに若くキレイになって行くという人は
きっとこの「仮想年齢」が若いのだと思います。

車や腕時計でもそうですが、同じ中古であっても
年月を重ねるごとに値打ちが下がる、単なる「中古品」と

年月を重ねるごとに希少価値が高まって行く
「アンティーク物」という2種類が存在します。

人生においてもこれと同じことが言えるのでは
ないでしょうか。

1年、また1年と年齢を重ねるごとに
素敵になって行く「アンティークな人生」って
思えばちょっと素敵じゃないですか!?

そんな風に思えば、歳を取るのも
案外、悪くないかも知れません。

「老い」とは
単に年齢を重ねることを指すのではなく
感性や行動を失うことを意味するものだそうです。


だから実年齢ばかりを気にして一生を終えるのではなく
いかに仮想年齢を若くして行くか?
と意識した生き方をすることが、本当の意味での
アンチ・エイジングなのではないでしょうか。

最近では適度な運動や理にかなった食生活こそが
アンチ・エイジングの代名詞の様に聞こえますが

健康な体。美しい姿勢。ポジティブな気持ち。
そして正しい知識に勇気ある行動。

これこそが真のアンチ・エイジングでは
ないかと思う今日この頃。

取り分け、ゆがみのないバランスの取れた
姿勢であることが、健康面、美容面において
もっとも重要な要素であるということは

当院に通われている多くの方々の姿からも
まず間違いありません。

だからこそ、一日でも早く
骨盤矯正=アンチ・エイジングというイメージを
世の中に定着させたいものであります。










ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月26日

対極する2つの意見

僕、何年生?

公園のベンチに座っていたおばあさんに
そうたずねられ

もうすぐ2年生だよ。

と答える長男の言葉に

え〜 もう2年生!?

と、父親である私自身、月日の速さに驚きモモの木です。

長男の入学を機に始めた朝のボランティアも
気がつけばもうすぐ1年です。

この1年を振り返ると
確かに交通量は劇的に減りました。

多分、正確なところは誰も分からないでしょうが
毎朝立っている私は超正確に分かります。(笑)

徐々にですが、高い確率で徐行運転をしてもらえる様にも
なって来たのではないかと思います。

車の対向ですら難しい狭い道路です。

歩行者用の通路分がほとんどないだけに
ドライバーの皆さんの思いやりは
子供たちにとっても随分と登校しやすく
なったのではないかと思います。

ただこれだけ交通量が減ったとなれば
実に迷惑な話だ!!と感じている人も
きっと少なくないかも知れません。

全ての物事に絶対の100%は存在しません。

一方で喜ぶ人がいれば、必ず
もう片方はその逆が存在するものです。

事実、元気良くあいさつをしても無表情で
無視して通り過ぎる学生さんにとっては
毎朝のあいさつなんて何の興味もなく

ボランティアなんて
ただウザイだけの存在なのかも知れません。

ちょっぴり弱気になりそうな、そんなある日の朝。

朝早くから校庭でマラソンをしていた
「元気くらぶ」のたくさんのメンバーが、突然
私の見える位置にまで駆け寄って来てくれて

皆で一緒に

おじさん、いつもありがとー!!!

と大きな声で言ってくれました。(涙)


・・・・・・・

それ自体は、非常に嬉しかったのですが
あまりの声の大きさに、道行く人にクスクス笑われ
ちょっぴり恥ずかしかったりして・・(苦笑)

いつもいつも思うことですが、“おじさん” が
なければもっと嬉しかったかも。(苦笑)

確かに迷惑に思われる方もいるのかも知れませんが
喜んでくれている人がいることも、また事実。

100%の正解ではないかも知れませんが
決して間違いじゃなかった
と、子供たちに教えてもらえた気がします。

元気をあげるつもりが、むしろ子供たちから
元気をもらっている様な、そんな気持ちです。

そんな中、地域ボランティアの一人として
来月の卒業式に、来賓として出席して欲しいという
一通の封筒が小学校から私の元に届きました。

げげ〜!!
卒業式!?

ら、来賓って顔じゃないでしょ!!

と思わず、一人突っ込みをしてしまいましたが

人生とは経験です。

せっかくのお誘いを断る訳にはいきませんので

「スピーチは絶対にない」

ということを確認の上(笑)
ぜひ出席させて頂くことになりました。

軽い気持ちで始めた朝のボランティアが
1年を待たずして、こんな形に変わるとは
私自身、全く想像もしていないことでした。

誰しも未知の経験は不安なものです。

でも勇気を出して1歩踏み出せば、それは
ただの“当たり前”へと変わるものです。

どんなことでも動き出せば
笑われたり、悪く言われたりすることが
あるかも知れません。

でもそれは、良い行いに対しても
悪い行いに対してもあるものだって
ことを忘れてはいけません!

全ての物事に、絶対の100%はない!

たとえ、どんな素晴らしい行いであったとしても
対極する2つの意見があるということ。

子供たちの素直な気持ちから学べたことの一つです。


















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月21日

無限の可能性

パパ〜見て見て!!

ジャジャーン!

ティラノサウルス!!
僕が一人で作ったんだよ!

ほらっボクのはペンギンさん。
ボクもひとりで作ったんだよ!

ウソつき〜
ママに手伝ってもらったくせに〜!!

違うよっ
ホントにボクがひとりで作ったんだよ!

と、兄弟喧嘩を交えながらも
我が家では連日、折り紙がマイブームです。

お陰で部屋中、折り紙だらけですがね。(苦笑)

折り紙と言えば、紙ヒコーキに鶴くらいなものかな?
な〜んて思っておりましたが、折り紙専用の本には

動物・昆虫・魚に恐竜はもちろんのこと
洋服・家具にアクセサリーと様々なモノがあり
ありとあらゆるものが作れてしまうことに驚きです。

種類もホントに豊富で、動物だけでも
犬、猫はもちろん、コアラにラッコと
本当にたくさんの動物が作れます。 

折り方だけでも、山折、谷折、返し折と、様々な折り方があり
子供でも作れる簡単なモノから、大人でも難しい難易度の高い
モノまであり

折り紙なんて単なる子供のお遊びかと思っていましたが
これは、ある意味芸術です。

年々、新しい折り方が開発されているそうで
これからまだまだ新しい種類が増えそうです。

折り方次第では
何百種類もの形に姿を変えることが出来る
「無限の可能性」
を秘めている折り紙ですが

折り紙として活用しなければ

わずか15センチ四方という
ただの紙きれで終わってしまいます。

無限の可能性の存在に気付かず
無限の可能性を活かさないってことは
人生においても意外と少なくないかも知れません。

カイロ・スクールの開設を発表させて頂いてから
早速、コメントを頂きましたが

難しそう〜
力がいりそう〜
時間がかかりそう〜

と言った、ちょっと弱気なご意見が多かった気がします。

たとえどんな難しそうなことであっても
誰しも折り紙の様に「無限の可能性」を
秘めている訳ですから

“それ”を使わなければ残念というもの。

「難しそう〜」と、簡単に諦めてしまわずに
ひょっとしたら自分にも出来るかも?
なんて思ってみてはいかがでしょうか。

実際に難易度の高い折り紙を経験してみると
この紙切れが、本当にこの形になるんだっ!?
ってことに驚かされます。

例え、はじめは右も左も分からない様な状態でも
ひょっとしたら、1年後にすごい形に変わっているかも
知れません。

未来とは
変わるものではなく、変えるもの!!


そのために大切なのは
考えるのではなく、動き出すこと。

考えているだけじゃ何も変わらないけど
動き出せば、必ず何かが変わり始めるものです。

出来たか?出来なかったか?は問題じゃなく
問題なのは、動いたか?動かなかったか?

これが私のポリシーです。

私自身、スクールの開設という新たなステージに動き出した今
1年後、どの様に変わっているのか今から楽しみです。






















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月18日

カイロプラクターを目指してみませんか?

カイロスクールMORII開設のごあいさつ

この度、長年の夢でありましたカイロスクールMORIIを
2009年4月に開校することになりましたのでご案内申し上げます。

カイロプラクティックとは、頭痛・肩こり・腰痛といった
健康面のケアだけでなく、猫背や小顔といった美容面に
対してもとても効果があり、年齢や性別を問わず多くの方に
喜ばれる、とても素晴らしい職業の一つだと思っております。

日本におけるカイロプラクターという職業は、まだまだ
マイナーな分野ではありますが、学歴や資格だけでなく
「手に職をつける」ことが求められて来ている今

職業としてのカイロプラクティックのニーズは、これから
ますます高まることが予想されて来ています。

初めて学ぼうとされる方には、少し難しく感じられるかも
知れませんが、私自身のこれまでの経験やノウハウを活かし
「自分だけに合ったカリキュラム」や「マンツーマン指導」など

“こんなスクールがあったらいいな! ”

をコンセプトに、ビギナーからでもプロを目指せる
そんなスクールを作りたいと思っております。

遠方にお住まいの方でも、現在お仕事をされている方でも
今現在のライフスタイルを変えることなく

スクールの良さを最大限に活かし、受講される一人ひとりの
目的に合わせた、より実践的なカリキュラムにしたいと
考えております。

別名「学問の医学」と呼ばれる
カイロプラクティックにパワーは必要ありません!

学歴や年齢や性別や、これまでの経験などは一切関係なく
どんな方でもチャレンジして頂けます。

一度に多くの方を指導することは出来ませんが
その分、受講された方には一人ひとり丁寧に指導し
夢の実現に向けて全力でバックアップさせて頂きます。

手に職をつけたいと思われる方
カイロプラクターを目指してみたい方
ぜひご応募下さい!!

近日、スクールサイトがOPEN致しますので
お楽しみに!

















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月16日

春夏秋冬

恒例となっている朝のあいさつ運動。

毎日、同じ場所、同じ時刻に立っていることで
暑い日、寒い日、風の日、雨の日といった
様々な日があることを肌で感じます。


100年に1度の世界的経済危機と言われる今
景気という、一見すると目には見えないものだけに
肌で感じることが大切なのではないかと日々感じています。

春夏秋冬

時期により季節は変わる様に
景気にも春夏秋冬があるのではないでしょうか。

80年代のバブル絶頂期を「真夏」と仮定すれば
90年代のITバブルが「秋」です。

と考えれば、流れ的には
まさに今が「冬の時代」って訳です。

冷たくて寒〜い寒〜い冬の時代です。

とてもツライツライ季節の到来。
な〜んて思ってはいないでしょうか??

確かに冬は寒く感じられるかも知れません。

でもそれはいつまでも夏の服装をしているからであって
決して冬が寒い訳ではありません。

どんなに寒い冬でもジャンパーさえ着込めば暖かいものです。
もちろん自宅にはコタツもストーブも用意出来ますしね。

レジャーだって、海水浴や夏祭りなど
夏には夏の良さがある様に

スキーやスノボーや忘年会など
冬には冬の楽しさがあるってものです!

冬を寒く感じるのは、ただ単に夏の気温と
比較してしまっているだけに過ぎません。

冬は夏と比べるものなんかじゃなく
冬を味わうことに意味があるものですよね。


だから景気の良かった頃と比べて落ち込むよりも
力いっぱい冬を味わうことで、冬の良さに気付き
またモノの見方が変わって来るのではないでしょうか。

スノーボーダーたちの多くは
雪が降る冬を、指折り数えて待っているそうです。

実際、寒い冬場を一日中汗だくになって
楽しんじゃっている訳ですから
100%冬がつまらないってことは絶対にないハズです!

事実、100年に1度の経済危機と言われる中で
もの凄い業績を上げている企業も少なくありません。

リストラや大企業の経営悪化が叫ばれる現在において
「手に職をつける」ことが注目され始めて来た今
ほんの数年前までは怪しい職業だったカイロのイメージも
ここに来て赤◎急上昇です!!

ボーダーが雪を遊び道具にする様に
100年1度の経済危機も“追い風に”しちゃえば
一気に上昇気流に乗れるかも知れません!

季節には春夏秋冬がある様に、経済の流れにも
きっとこれと同じものがあるのだと思います。

夏場はサーフィン、そして冬場になれば
スノーボードにスイッチする様に

「景気という季節」を肌で感じ、それに合わせて
いち早く仕事やライフスタイルを上手く切り替える
ことさえ出来れば、一年中楽しめるのではないでしょうか。

季節を感じることが、経済を感じること。

毎朝のあいさつ運動から学んだことの一つです。



・・・・・・・


ちなみに私は
サーフィンもスノボーも出来ませんので
あしからず。(苦笑)










ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月09日

無職透明

先日、いつもの様に交通整理をしながら
あいさつ運動をしていたら、ある一人の生徒に

おじさんて、むしょくなの?
と聞かれました。

??

むしょく?


ムショク?


無色?


一瞬、何のことかな?
と思いましたが、無職

つまり仕事をしていない
ということの意味でした。

え〜何それ〜!!
ずっと仕事していない大人だと思っていたの〜(汗)

だって毎朝いるから
仕事してないんでしょ?

まぁ確かに考えてみれば、普通は
朝早くから会社に向かうものという
イメージが強いでしょうから

そんなお父さんを見慣れている子供たちには
毎朝ボランティアをしている大人なんて
当然、無職に思えたのでしょうね。

でも大丈夫 大丈夫!
ちゃんと仕事しているから安心してね!

という私の言葉をかき消す様に

ウソだ〜 
絶対無職だって!
クラスのみんなも言ってたし〜

ウソってオイオイ
ホントだって(苦笑)

しかもクラスのみんなもって・・・(汗)

こう見えても毎日頑張っているのに
そりゃないぜセニョリータって感じです。

でも考え様では小学校の休み時間に
この歳になった私のことを話題に
盛り上がってくれているのかと思えば
逆にちょっと嬉しい限りです。(^^)V

実のところ、彼女たちだけでなく
その他大勢の方から「無職なの?」
なんて思われているのかも知れませんが

めげることはありません!

一生懸命、仕事をしているのにも関わらず
無職に思われるなんて、ある意味
何色にも染まっていない“無色”透明な感じで
案外、イケてるんじゃない!?
なんて思ってしまうのは私だけでしょうか。

朝のボランティアなんて
定年をされた年配の方がするもの。

というイメージがまだまだ強いのかも知れませんが

今までにない、斬新でスタイリッシュな
新しいスタイルのボランティア像を創り出せないかな?

な〜んて密かに模索している今日この頃です。







ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月07日

夢をかなえる、ちょっといい話

夢を叶えるための、ちょっとした方法。

それは吐くことをやめること。

吐く。

という言葉から連想されることと言えば

毒を吐く。
弱音を吐く。
愚痴を吐く。

そして、ゲロを吐く。

「吐く」から連想される言葉って
どれもマイナスなことばかりですよね。

夢を叶えるためには
吐くことを止めること。

つまりマイナス的なことを口にしないだけで
夢は叶うという訳です。

感の良い人は、もうお気付きかも知れませんが
「吐」という字を見てみると、口と土という
2つの文字から出来ていることに気付きます。

ここからマイナス(一)をなくせば

そうです!

「叶う」になってしまう訳です!!

パチパチ〜

口からマイナス的な言葉をなくすだけで
叶うになってしまう訳です。

「吐く」と違って
「叶う」から連想される言葉と言えば

願いが叶う。
思いが叶う。

そして夢が叶う。

ですよね!

願いや夢を叶えるためには
常にポジティブな言葉を発していたり
毎日もの凄い努力をしなければいけないと思っていたけど
本当はマイナスな言葉を吐かないことが夢を叶える
一番の近道なのかも知れません。

ストレス社会の現代では、ついつい吐くことが
多いのかも知れませんが、夢を叶えるためにも
ぜひ吐くことを止めてみようではあ〜りませんか!
(^^)V

夢を叶えるちょっといい話でした。



ゴロゴロ ガッシャ〜ン!!


・・・・・・・


え〜 マジでぇ〜(TT)

こらーっお前たちー!!

お父さんがせっかく片付けたのに
また散らかして!!

早く片付けなさいっ!!


超元気!!
わんぱく3兄弟のいる我が家では
吐かずに過ごすことは、もう少しだけ
時間がかかりそうな今日この頃です。(苦笑)















ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月04日

チェンジ!

何年かぶりにご来院された方とお話をすると
やはり間が空いてしまうと行きづらくなる様ですね。

仕事や何かの用事でキャンセルをしてしまったり
うっかり予約日を忘れてしまったりと
本当にちょっとしたことがきっかけで

怒られるかも?

といった、そんなネガティブな気持ちに支配され
つい間を空けてしまうことに繋がる様です。

また初めてご来院される方の多くは
何よりも「恥ずかしい」という気持ちが強い様で

気にはなっていたのですが・・・
なかなかお邪魔することが出来ませんでした。


という方が少なくありません。

人の感情の中にはポジティブな気持ちだけでなく
ネガティブな気持ちも存在します。

心理学の世界では、このネガティブな感情が
多くの行動を抑えてしまう大きな原因に繋がる様です。

そもそも「ネガティブな感情」って何?
と思われる方も多いかと思われますが

ネガティブを具体的に言い換えれば
「恥ずかしい」「恐い」「難しい」という
この3つに集約されるのではないかと私は感じます。

恥ずかしいから止めておこう。
恐いから止めておこう。
難しいからやめておこう。

確かに、この3つの感情は多くの行動を抑えてしまう
一番の元凶と言えるかも知れません。

「恥ずかしい」と思えることをそのままにしておけば
いつまでも恥ずかしいことかも知れません。

でも「恥ずかしい」を「進化」させて行けば
恥ずかしくなくなるのではないでしょうか。

たとえば初めて人前でカラオケを歌うことは
とても恥ずかしいことかも知れません。

でも何回か歌っちゃえば最高に気持ちの良い
快感に変わったりするのではないでしょうか。

恥ずかしい〜!!
なんて言ってた方も
意外とマイクを離さなかったりして・・・(笑)

恐いという気持ちも同じ。

初めて乗るジェットコースターは
めちゃめちゃ恐いかも知れませんが

でも何回か乗っちゃえば
超楽しいー!!
に変わってしまうものですよね?

難しい思えることでも理解さえしちゃえば
それは大きな自信へと繋がるものです。

カイロプラクティックや骨盤ダイエットを
受けてみたいけど、ちょっとね・・・

という方は
「恐そうな先生に恥ずかしいことをされる」
的な、ネガティブな感情に支配されているのではないでしょうか。

でも勇気を出して一歩前に踏み込んでみれば
「優しい先生に嬉しいことをしてもらえる」
に変わるものです!!(^^)V

恥ずかしいから、嬉しいに
嬉しいから、気持ち良いに
気持ち良いから、美しいに

そして
美しいから幸せにチェンジするものです!


私自身の経験からも
恥ずかしいと思えたことのほとんどが気持ち良く
恐いと思えたことの多くが面白くて楽しいことだった様に
思い出されます。

一見すると、ちょっと苦手かも。。。

と思えた食材程、健康的で栄養素も高く
味わう程にハマってしまうものですよね!(笑)

考えているだけじゃなく
動かなければ何も始まりません。

幸せの本質とは、成功や失敗を含めた
自身が経験したことだけを指すそうです。

だから、より多くの行動を経験するためには
いかに不安な気持ちをなくせるかが大きな
ポイントになるのではないでしょうか。

恥ずかしいを「気持ち良く」
恐いを「楽しい」に
そして、難しいを「自信」に

チェンジしてしまうことさえ出来れば

人生は退屈のない、エキサイティングでめちゃ面白いものへと
変わって行くのではないかと思う今日この頃です。





ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月31日

いつでもお待ちしております。

カイロプラクティックという仕事は矯正をしたり
症状を改善させることを目的とする反面
日々たくさんの方々と出会う仕事でもあります。

出会いがあれば、必ず別れはあるもの。

誰しも初めは肩こりや腰痛や体型のお悩みといった
何かしらお悩みを持ってご来院される方が多いだけに
症状の改善と共に徐々にご無沙汰してしまうものです。

元気になって喜んでもらえるのは
何より嬉しいことではありますが
やはり別れは寂しいものですよね。

何年経ってもそうですが
今頃元気にしているのかな?
なんて、今でも本音は心配で仕方がありません。

ですから、たま〜に年賀状やハガキなんて届くと

お〜元気そう〜(嬉)
へぇ〜引越しちゃってたんだぁ。


うそ〜 マジで〜 結婚してたんだ!
しかもママだって!!(驚)


なんて本当に嬉しく思います。

先日も、数年前に通っていた方から
私の誕生日に「おめでとうメール」を頂き

今でもブログ見てくれてたんだ〜
って本当に嬉しく思いました。(涙)

ですから久しぶりの方にご来院して頂くと
お〜 久しぶりです〜!!!
って本当に嬉しく思います。

覚えてくれてましたか?

なんて言われることもありますが
忘れるハズがありませんっ!

日々、たくさんの方と出会う仕事ではありますが
一人ひとりと一生懸命接しているだけに
何年経ってもそうそう忘れないものです。

記憶力は良い方です。忘れるどころか
むしろ鮮明に覚えているくらいなんですよね。

久しぶりにご来院される方からは

ずっと行きたかったのですが
つい間が空いてしまったので、今さら
何となく行きづらくなってしまって・・・


と言ったご意見が意外と少なくありません。

中には
間を空けちゃったので先生に
怒られるかな〜と思って・・・

なんておっしゃる方もみえますが

そんなことは絶対に有り得ませんのでご安心を。(笑)

「行きたくなくて、行かない」
のならいざ知らず

「行きたいのに、行かない」
なんてちょっと残念です。

私としては
もしかしたら嫌われちゃったのかな?(TT)

なんて思ってたりするだけに
そんな細かいことは全く気にせずに

2年ぶり、3年ぶり、4年ぶりという方も
ぜひぜひお気軽にお越し頂ければ嬉しい限りです。
(^^)V

特にまだ新しくなった明和院を見てもらっていない方は
ぜひとも1回は足を運んで頂きたいものであります。

三重県というマイナーな上、さらに明和町という
超ローカルな土地柄ではありますが

従来のカイロのイメージにはない
非日常を感じてもらえる、いい意味で
”らしくない”をイメージした空間を心掛けて
おりますので、超ストレス社会と言われる現代。

きっと喜んで頂けることと思います。(^^)

久しぶりの方も初めての方も
ぜひぜひ皆様のご来院を
心よりお待ち致しております。





ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月26日

記憶という未来の財産

お〜い 
そろそろ幼稚園に行く時間だぞ〜
準備は出来たか〜?

我が家では、毎朝幼稚園に送って行くのは
父親である私の仕事であります。

明和院に移転してからは、伊勢院時代に比べて
息子たちと過ごす時間が圧倒的に少なくなった分
毎朝、幼稚園まで歩くわずかな時間は親子が触れ合う
とても貴重な空間のひとつであります。

いつもは楽しく登園する息子ですが、ケンカをしたり
お友達とちょっとした誤解があった時などは

「今日は幼稚園には行きたくない!!」
という日もあります。

園児と言えども人間です。

やはり人間関係で悩んだりしてしまうことが
あるのは我々大人の世界と同じの様ですね。

学生の頃から
悩みとか全然なさそうですよね?
なんてことを良く言われた私ですが

決してそんなことはございません。

私だって悩みの1つや2つや3つ4つくらいございます。(笑)
むしろ悩みだらけかも知れません。

ただ、悲しい時、苦しい時、恥ずかしい時など
一見するとネガティブに感じられる要素の全てが
100%悪いことだとは思わない方かも知れません。

何故なら“忘れないから”です。

楽しいこと、嬉しいとこと、上手くいったことの他
「可もなければ特に不可でもない」という
ごくごく普通な出来事って

意外と忘れちゃうんですよね。

結婚式や海外旅行など
余程、珍しい出来事があった場合は
そのこと事自体は漠然と覚えていたとしても

誰が居たとか、何を見たとか、何を食べたとか

その時の気持ちや、詳しい風景などは案外覚えては
いないことの方が多い様に思い出されます。

ましてや、ごく普通の出来事なんて
何にも覚えていないものです。

でも辛いことや嫌なことって何年経っても
鮮明に覚えているものですよね。

学生の頃に、恐い先輩にいじめられたことなんて
今では20年近く経ったって言うのに相手の名前や
呼び出された場所までなかなか忘れないものです。

特にいじめられた先輩のことなんて、当時のあだ名や
何故かホクロの位置まで超鮮明に覚えているものです。
(苦笑)

正確には
「忘れたくても忘れられない」
と思った方がベターかも知れません。

振り返れば、今でもしっかり記憶していることって
楽しいことよりも、嫌なことや辛いことや恥ずかしい
ことの方が圧倒的に多い気がします。

当時はすごく楽しいと思えることでも
後々忘れてしまっては意味がありません。

明日、死んじゃうよ〜!!

という人生の最後に、何も思い出せないのでは
ちょっと残念ですしね。

大切なのは内容の良し悪しよりも、まずは記憶として
いつまでも覚えているということが肝心なのでは
ないでしょうか。

だから今現在、失敗をしたり、恥ずかしい思いをして
超ツライなって思っていることは、将来、絶対に忘れることなく

いつの日か
「記憶という未来の財産」
となるのではないでしょうか。

そう考えたら
ツライ思い、悲しい思い、寂しい思い、恥ずかしい思いも
案外、悪くはないのかも。



妻に向かってそんな話をしていたら
突然、何かを思い出した様に大きな声で


100円っ!!



へっ・・・??


一瞬、何のことだか分からない
という顔をしている私に


覚えていないとは言わせませんよっ!!

先週貸した缶コーヒー代の100円
きっちり返して貰いますからね!!


だって。(苦笑)


確かに人は「楽」な思いは、すぐに忘れてしまう様で
覚えていたのは、やはり借りた方ではなくて、貸した方でした。






























ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月21日

ラスト・1(ワン)

2008年が終わり

そして2009年が始まったと思えば
もう1月も半ばを過ぎ

あっと言う間に21日です。

何を隠そう、明日1月22日は
私の39回目の誕生日でございます。

(パチパチ〜)

という訳で
いよいよ私もついに39歳突入です。

思い入れの強かった30代も
あと一年かぁ〜と思うと

嬉しい様な、ちょっと寂しい様な
そんな気持ちであります。

そんなメモリアルを直前に控えた今
若かりし中学生の頃のある出来事を思い出します。

期末テストの成績は最悪な上
初の告白も見事に撃沈。
おまけに恐い先輩に目を付けられるわで・・・

失意のどん底にいた、当時中学2年の私に

くよくよしなさんなって。
男の人生は30代で決まるんだからさぁ。

まだ右も左も分からない中学生だもの
今はダメでもともと。

やっぱ男は30からだよ!

という親戚の叔父さんがかけてくれたこの言葉に
元気をもらえたことが今でも忘れられません。

いいか良く聞いとけよ。
成績が悪いことや失恋なんてことは大したことじゃない。
大事なのは後悔しない人生を送ることなんだ。

実際、世の中のほとんどの大人が
後悔をして人生を終えるんだぞ。

だから後悔だけはしない様に意識した方がイイ。

「なぜ後悔して終わってしまうの?」
そんな素朴な私の疑問に叔父さんは

それはやなぁ、多くの人が
後悔とは失敗をしたことに対して
感じることだと思っているからだよ。

だから自然と失敗をしない様に生きるんだ。

だけど本当はな、失敗することが後悔じゃないんだ。

昔から「失敗は成功のもと」って言葉がある様に
むしろ失敗はたくさん経験した方がいいんだ。

いいか後悔とはな
起こした行動にあるのではなくて
起こさなかったことに対して存在する
ってことを忘れちゃいけないぞ。


実際、後悔したワシが言うんだから間違いないって!!

意外かも知れやんけど、本当はワシ
ミュージシャンになりたかったやで〜
ガハハハハ・・・・・・ハァ〜(TT)

まぁそんなに難しく考えることはないって。
要はやりたいことをやればいいってことよ!

その話を聞いた時、以前マラソン大会で
クラスの代表を選ぶ時のことを思い出しました。

本当は走ってみたかったけど

もしも最下位だったら・・・

なんてことを考え込んでしまい
結局、手を上げることが出来ませんでした。

そのまま走ることなく大会は終わってしまい
後になってから
「やっぱ走れば良かった」
と思った経験がありました。

たとえ最下位でも途中棄権をしたとしても
それは後悔じゃないんだ。

本当は走ってみたいけど
走らずに終わってしまうことが
後悔なんだって思えた瞬間です。

ワシも、お前くらいの若い時に戻ることが出来たら
もっと違う人生だったかも知れないなぁ〜

と、寂しそうにつぶやく叔父さんに

今からでもチャレンジすりゃいいじゃん!!

なんて思いながらも

そんな叔父さんの超タメになる話を聞けたことで
絶対に後悔しない人生にしよう!!って
心に決めたことがつい昨日のことの様です。



あれから20数年。

気が付けは、そんな30代も明日で
あと残りわずか1年です。

がむしゃらに走り続けた30代。

ラスト1年もこれまでと同様
全力で頑張って行きたいですね。

特に今年はスクールの開設という
長年の夢を実現させる一年にしたいと思っています。

後悔しないために大切なのは

一見すると
馬鹿げたことに思えることでも
取り合えず1回はやってみること。

怪しそうなお店のメチャ不味そうな料理でも
取り合えず1回は食べてみること。(笑)

やり残すことなく
たくさんの経験(失敗)をすること。


そんな小さな積み重ねが、いつか面白い人生に
なって行くのではないでしょうか。

ラスト1年。

悔いのない30代で終わるためにも
胸の中にある想いを行動に移して行くことで
どんどんと形にしてきたいと思う今日この頃です。













ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 16:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月19日

レンタル・ボディー

先生のところではどの様な症状の
患者さんが多いのですか?

と、よく聞かれます。

日常、一般的によく起こる頭痛・肩こり・腰痛の他
女性では便秘や生理痛なども多い症状です。

頭痛・腰痛・生理痛には「痛」という文字が付く様に
痛くなってからご来院されるという方がまだまだ
多い様に感じます。

言い換えれば
「痛くなるまで放置していた」とも言えます。

大切なご自分の体です。

痛いと感じたまま日々を過ごすなんて
とても残念なことです。

これは自分の体を
自分のものとしか考えていない
からではないかと思います。


自分の体だから
当然自分のものでしょ!?

なんて思われる方にはピンと
来ない話かも知れませんが

感覚とすれば、賃貸マンションに住んでいると
考えればイメージしやすいかも知れません。

自分の体に対し、賃貸マンション同様
「家賃を払って体を借りている」
と考える訳です。

たとえ長年住んでいたとしても、あくまでも
賃貸マンションな訳ですから借り物です。

キズを付ければ弁償をしなければいけませんし
ペットや騒音、家賃の滞納など

最低限、借主としてのルールを守らなければ
追い出されてしまう訳です。

つまり、我々の体も神様に家賃を払って
レンタルしているという発想を持てば
健康に対する意識もまた違って来るのでは
ないでしょうか?

たとえば友達にピカピカの新車を借りた場合
車内を食べかすで汚しても掃除をすれば良い。

安易な運転をして、ぶつけてしまっても
板金・塗装をして返せば良い。

ってものではありませよね?

大切な借り物ですから、丁寧に扱うのは当然のこと
返す時には、ガソリンも満タンにした上で
洗車ぐらいはして返すのが大人のマナーってものです。

きっと神様も

せっかく貸してあげたんだからさぁ〜
もうちょっと丁寧に扱ってよ〜

ホンマ気が利かへんなぁ〜
腰くんが「痛い痛い」言うとるやん!

たまにはさぁ〜
カイロにも連れて行ってやな
バキバキっと癒したってなぁ〜

文句や愚痴ばっかり言うたり
「あ〜疲れた」なんて
疲れるために貸したんちゃうで〜

忘れやんといてなぁ〜
ホンマはそれ、ワシの体なんやからね〜

成功するために使ってもらわな、ホンマ困るでぇ〜


なんて思っているかも知れません。(笑)

自分自身の体を、決して自分のものと思わず
「神様の体に家賃を払って借りているんだ」
って気持ちを持つことで

健康管理だけでなく、髪型やファッション
考え方に発言や行動など、あらゆることが
変わって来るのではないでしょうか。

“一流”と呼ばれるスポーツ選手に共通することは
誰よりも道具を大切にしていることなのだそうです。

大切にすること。

“一流の人生”を歩むためには
まず自分自身の体を誰よりも大切にすることから
始まるのではないか、と思う今日このご頃です。














ランキングに登録してみました。
クリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
posted by Morii at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ